自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2012 年 3 月 5 日

DS エコリス

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 22:37:40


 DSのRTSを探していて見つけました。
 コミカルな世界観のシンプルなRTSです。
 しかしRTSというほど戦略性はないので、集団操作アクションゲームといった感じでしょうか。
 若干の成長要素もあります。

.
●システム
 マナを消費して仲間を召喚し、敵を全滅させます。
 拠点をつぶさない限り敵は無限沸きします。
 が、敵を倒すことでマナの補給ができるという仕組みなので、長期戦を覚悟すればけっこう簡単にクリアできます。
 味方ユニットは
・通常歩兵
・飛行運搬型
・水上移動工兵
 の三種類です。
 育成により亜種がいろいろと誕生しますが、僕はめんどくさくて育成に力を入れなかったため初期の三種だけでクリアしました。(というかクリアしてから亜種が山ほどいることを知った)
 味方ユニットの特殊能力は使わなくてもクリアできるステージがほとんどです。
 主人公の能力で足場の上げ下げもできるんですが、普通にプレイする限りではこれまた使いどころがありません。

.
 操作はタッチペン+ボタンです。
 タッチペンのみでも可能ですが、ものすごくプレイしにくいです。
 ボタンのみでの操作はできません。

.
●ストーリー
 人間の王国に汚染された森を浄化するという話です。
 小学校低学年向けにエコロジーを教えるみたいな感じでしょうか。
 それはまぁいいんですが、主人公が頭の弱い人みたいな喋り方で、もうちょっとなんとかならなかったのかと思いました。

.
●感想
 低年齢向けらしくごり押しでクリアできてしまいます。
 戦略的に進める部分がほとんどない。
 RTSと思ってプレイするとがっかりするかもしれません。
 まぁ僕は大群で圧殺するスタイルも好きなので楽しめました。
 ボス戦がいまいちな感じでした。
 ボス戦ではそれなりにテクニックが必要なものの、ボスの攻撃が「判定の強い攻撃をでたらめに出しまくる」といった感じなのであまりおもしろいとは思えませんでした。
 攻め込むタイミングを計るだけで、結局は数で圧殺というか。
 操作性は非常に悪いです。
 タッチペン操作の悪い部分が出まくりでした。
 もともとタッチペンというインターフェースは精密な位置指定に向いていないのではあるまいか。
 直感的に指示できることが売りなのに、操作の結果が直感的でないことが多いのです。
 このゲームの場合、ユニット選択や位置の指定にさほど厳密さを求められないので、その意味ではそこそこ直感的な操作が実現できてると言えるんですが、問題は実際のゲーム中に起こる意図しない動作です。
「味方ユニットを最優先でクリック」という仕組みになっているため、目的地のそばに味方がいる場合、位置を指定したつもりが味方を拾ってしまいます。
 また、自分をクリックしたつもりでもそばの味方を拾ってしまいものすごくストレスがたまります。
 キャラが密集するゲームなのでこの手の誤動作が頻繁に起こります。
 このあたり、ボタンと同時押しで限定できるなどのサポートがほしかったです。

.
 ステージ数がもう少しあればと思ったものの、まあそれなりに楽しめました。

開発元 株式会社ヘッドロック
発売日 2007/08/23
 
プレイ記録
プレイ時間 13:57
体力 369
ツリーまもり 3425
緑化率 100%
エコリス LV42
エオコモン LV41
エコビイ LV42

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress