自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2012 年 4 月 8 日

PS2 塊魂

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 17:30:10


 玉を転がしていろんなものをくっつけていくゲームです。
 これはおもしろかったです。話題になるだけはある。
 ゲーム中に奇天烈な歌詞の歌が流れるんですが、変な歌のくせに出来がいいというところもすごい。
 そこらの歌謡曲よりも二段くらいレベルが上ではあるまいか。
 タイトルは「カイコン」ではなく「カタマリダマシイ」と読むらしいです。

.
●システム
 左右のアナログスティックを使い、戦車型の操作で玉を転がします。(両方を前に倒すと前進、互い違いに倒すと旋回など)
 落ちているものを玉で轢き潰すとくっつけることができます。
 小さなものをくっつけているうちにだんだん玉が大きくなっていき、大きなものもくっつけられるようになっていきます。
 玉が大きくなるとそれまで越えられなかった段差を越えられるようになり、行動範囲が広がります。するとさらにいろんなものをくっつけられるようになる。
 制限時間内に玉を一定サイズ以上にするとステージクリアとなります。

.
●グラフィック
 リアリティの面からするとあんまりいいとは言えませんが、それがまたこのゲーム独特の世界観を生み出しています。
 さまざまな物が丁寧にモデリングされており、製作者の労力は相当なもんだったろうなぁと思わせてくれます。
 人間も出てくるんですが、レゴブロックの人形みたいなデザインになっています。もしリアルなキャラになっていたらものすごいホラーゲームと化していただろう……。

.
●ストーリー
 かなり変な物語がついています。

.
●感想
 老若男女みんなが楽しめる奇天烈ゲームでした。
 ゲームとしては、レースゲームの亜流的な感じでデザインされてるようです。コースを自由に回りチェックポイントを全部通過させるようなタイプです。
 このゲームの場合は、進行に応じて行動範囲や通れるチェックポイントがどんどん変わっていくあたりがおもしろい。
 じっくり観察しながらプレイしていると、「こういうルートで玉を転がしましょう」という推奨コースが見えてくるんですが、それをぜんぜん感じさせないあたりがうまいです。
 アイテムを適当にばらまいてるように見えて、実はちゃんと計画的に配置されてる。

.
 終盤のインフレ具合も笑えます。あまりにも無茶すぎる。
 ぱっと見には家族みんなで楽しめる愉快なゲームなんですが、実際は阿鼻叫喚の大災害を引き起こしてるというところもすごい。
 残虐度としては、首や手足が飛んだりする海外ゲームと大して変わらないのではないか。
 とんでもない暴力ゲームですよ……。

.
 誰がやっても楽しめるタイプのゲームなので、未体験の人はぜひプレイしてみることをおすすめします。

開発元 ナムコ
発売日 2004/03/18
 
プレイ記録
最大 822.89m
モノの種類 1329
集め率 92%

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress