自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2012 年 9 月 25 日

PS3 ヴァンパイアレイン アルタードスピーシーズ

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 22:35:43

 敵に見つかったらほぼ死亡のステルスゲームです。
 キャラのモデリングとかストーリーに日本産ゲームのような雰囲気があり、海外でもこういうの作るようになったのか……と思ってたんですが、実は完全な日本産ゲームでした……。

 はっきり言ってしまいますと、かなりのがっかり作品です。
 敵に見つかったら即死亡というコンセプトはいいんだけど、強烈過ぎる一本道展開なので、つまらないパズルをやっているかのようでした。
 良い部分もそれなりにあるんだけど、ダメな部分がすごすぎてどうしようもない作品になっているという印象でした。


●システム

 スプリンターセル系統のルート探し型ステルスTPSです。
 特殊ゴーグルで敵を確認すると、その敵の位置と視界がレーダーに表示されるシステムがおもしろいです。

 ひとつの街を舞台した箱庭ゲーム的な形式なんですが、ミッションごとに移動範囲が激しく限定されるので実質的には一本道マップになっています。

 ほとんどの敵が固定されており視線の誘導もできません。たまに出てくる移動する敵も、かなり単純な巡回移動です。
 見つかれば即死に近いため、ステルスというよりルート探しゲームになっています。
 しかもポイントとなる部分にはアイテムが置いてあったりマップにマークがあったりするので、あまり悩むことがありません。


●グラフィック

 PS2のゲームのようなのっぺりしたグラフィックです。建物のモデリングも直方体の箱っぽい……。

 キャラのモデルはけこうよくできています。
 主人公は日本受けするような精悍なイケメン外人です。


●ストーリー

 意外に凝っています。最初は海外製だと思っていたので、驚きました。
 ボスキャラを倒した後「○○が倒れたか」「やつは我々の中でも最弱……」みたいな展開があってびっくりですよ。
 孤独に旅をするヴァンパイアの叙情的なエピソードも(ちょっとだけ)あります。

 まぁ凝っているとは言っても海外製のランボーFPSに比べてであって、取り立ててすごい部分はないんですが……。


●感想

 プレイするのが苦痛なくらい単調でした……。
 途中で投げ出しかけましたよ。というか途中で投げ出してほかのゲームやっていました。結局はがんばってクリアしたんですが……。
 そしてつまらないのにボリュームはけっこうあります。
 本編も長いのにチャレンジミッションが山ほどあるという……。

 ステルスゲームと謳っているのにステルスゲームになっていないのが致命的だと思いました。
 敵の誘導ができないどころか大半の敵が突っ立ってるだけなのでスリルがないのです。

 ただ、おもしろい要素もいくつかあります。
 ゴーグルで確認した敵がレーダーに映るのはいいアイデアだと思いました。
 そして、リーダーを倒すと部下も死ぬという仕組みもおもしろい。
 雨が降っているとヴァンパイアの感覚が鈍るという舞台設定も良かったです。まぁそういう設定があるだけでゲームには活かされていないんですが。
 マップもいちいち区切らずに箱庭型でいけばよかったのに。


 そのへんの街角に突っ立っているザコのほうがボスキャラよりも強いです。
 ゲーム的には仕方ないんですが、それなりの説明をつけてほしかったです。


 ロードの後にボタン入力待ちになり、ボタンを押すとまたロードが始まるのは「なんだそりゃ……」と思いました。
 なぜ一度に読まないのか。なぜボタン入力を入れるのか。


 オンラインモードもあります。
 しかし一度も繋がりませんでした。


 まったくおすすめできない一作でした。
 ザコに瞬殺される様がシュールなので奇ゲーマニアはプレイしておくといいかもしれません。

開発元 アートゥーン
発売日 2007/01/25
   
プレイ記録  
NORMALクリア  

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress