自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2012 年 10 月 22 日

乾くるみ「スリープ」

Filed under: 書籍 — 坂葉 @ 23:07:20

 毎回毎回妙な仕掛けで楽しませてくれる作家の、近未来SF的物語です。
 科学番組の美少女レポーターが冷凍睡眠の研究所に取材に行ったところ、アクシデントが起こり気付いたら三十年後の世界だった、という話です。

 SF的に見ると、仕掛けの部分が見え見えな上に少々無理があるんですが、そのぶん非SFファン向けの一般向け小説としては「わかりやすい驚き」になっています。
 話の雰囲気も美少女+冒険+恋愛ものといった感じで読みやすい。


 かつてはマニア向け作家というイメージだったのが「イニシエーションラブ」から一気に一般ファンが増え、その影響でキャッチーなライトSFを書いたという感じでしょうか。
 デビュー当初はイロモノ作家扱いだったのに、いつのまにか「イニシエーションラブの乾くるみ」みたいになってしまった。

 終盤の展開はいつもどおり嫌な感じになってはいるものの、それすらも「泣ける話」みたいな方法に進んでいって、ちょっと驚きです。


 ジャンプする時間が三十年後というところがこの作品のポイントになっています。
 三十年なら同世代の知り合いはだいたい生存しているわけですね。
 記憶喪失ものなどと同じように、空白の期間を埋めていく楽しさがあります。


 冷凍睡眠がなぜ実用化されないか、という説明がしっかりとされています。
 こういう技術的なところをわかりやすく解説しているのはすばらしい。さらに社会的影響まで考慮されていて、理屈っぽい僕も満足でした。
 メインの仕掛けが超科学すぎるのが気になるものの、そう思うのはキモいSFファンや科学オタクくらいでしょう。


 読みやすく気軽に楽しめるサスペンス調の近未来SFです。
 この作者の本の中ではクセが少ないほうだと思います。未読の方にはおすすめかも。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

Powered by WordPress