自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2013 年 2 月 20 日

PS2 タイムスプリッター

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 19:49:57

 対戦モードが評判のFPSです。
 007シリーズやHALOに似た操作感になっています。
 メインのストーリーモードに加えおまけモードが山ほどあり、全要素を制覇するつもりならかなり長く遊べます。

 人気は高いものの独特の操作感になれることができず、個人的にはいまいちでした。

●システム

 アーマー+ライフゲージ制です。
 アーマー回復アイテムは落ちていますが、ライフは回復しません。

 視点が勝手に中央に戻るのがものすごく気になります。
 オプションでオフにしても戻るのが納得いかない……。

 照準モードも、今時のFPSのようなズームではなく、ガンシューティングのように画面が固定されて照準が動くタイプです。
 しかもレバーを離すと照準が中央に戻ります。
 使いづらいにもほどがある……。

 チェックポイントが少なく死ぬとかなり戻されるのがきついです。
 特に最初のステージがいきなり難しく、こんなのクリアできるのか……と思いました。


●グラフィック

 PS2中期~後期のリアル寄りのものと比べるとイマイチです。
 ただコミカルな感じのグラフィックのためあまり気になりません。
 そして60FPSで滑らかに動くのでグラフィックに関しての不満はありませんでした。


●ストーリー

 一応一貫したストーリーはあるんですが、実際のところは様々な舞台をむりやり繋げるためのものになっています。
 ステージごとに舞台も主人公も違い話の関連も薄いです。


●感想

 通常移動時に照準が出ません。これはきつかったです。
 照準モードの仕様も癖がありすぎて、ものすごく遊びにくいです。

.
 操作感は癖があるものの、どのステージも凝った構成でおもしろいです。
 ただステージごとに話が繋がっていないのが残念でした。舞台や主人公が完全に変わってしまいます。(いちおう中の人は同じという設定らしい)

.
 ステルス要素もありますが、これがいかにも洋ゲーのステルス要素といった感じの大味なものになっています。
 一度警戒されると解除されません。

.
 チャレンジ要素が山のようにありコンプリートを目指すとかなりのボリュームになります。
 ただ、正直言っておもしろいとはいえないものが多いような……。
 オフラインマルチプレイ要素がものすごく充実しているので、友達集めて多人数でプレイするとかなり楽しめそうです。
 逆に一人で遊ぶと虚しい。

.
 人気は非常に高いゲームなんですが、僕はあまり楽しめませんでした。
 独特の操作感に馴染めないというのが大きかったと思います。
 また、評価の高い人はマルチプレイ重視なんだろうなぁと思いました。

開発元 Free Radical Design
発売日 2003/02/27

.

難易度 中級クリア
自動照準オフ
   
ステージ 10/10
メダル 18/66
進行度 40.5%
   
プレイした時間 13:24:03
深夜のプレイ 10:53:34
移動距離 150.2km
平均速度 11.2km/h
合計ゲーム数 131
倒した敵の数 1924
合計損失数 201
総発射弾数 38306
命中率 26%
壊したガラスの数 271
吹き飛ばした
スイカの数
10
サルを倒した数 0
サーフタイム 時間なし
   
アーケード  
好きなキャラクター なし
サルでプレイ 0
死ぬまでに倒した数 14
最長戦闘時間 8
   
ストーリー  
成功率 16%
倒したタイム
スプリッターの数
187
倒したUFOの数 329

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress