自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2013 年 2 月 22 日

PS2 龍が如く

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 19:18:49

 人気ヤクザゲームの一作目です。
 ヤクザものの娯楽作品は嫌いなので避けていましたが、今のゲーム界を代表する話題作でもあるのでチェックしておかねばと思いプレイしました。


●システム

 いかがわしい繁華街を舞台にした箱庭ゲームっぽいアクションアドベンチャーです。
 町を歩いているとチンピラなどに因縁をつけられ、コンボアクション型の戦闘モードに移行します。
 戦闘に勝つと相手から金品を奪うことができます。
 奪える金額や町で売っているものはそれなりに現実に則したものとなっており、ゲームのリアリティを強めています。

 マップは固定アングルで表示されています。マップ構造を覚えるまではちょっと操作しにくいです。


●グラフィック

 東京の繁華街の雰囲気がよく出ています。これはなかなかすごい。
 たまにものすごくしょぼく感じる場面もありますが、全体としてみればかなりがんばっているでしょう。
 PS2で、日本の日常的な光景をリアルに表現するのは大変だったと思います。

 しかし、ヒロインは不遇な身の上なのに、衣装がすごく高価そうでお嬢様にしか見えないのがちょっと……。


●ストーリー

 いかにも日本のテレビドラマといった感じの愛憎溢れる物語が展開されます。
 どこまで真面目なのかわからない無茶な展開もあります。
 そして渋い男キャラがたくさん出てきます。


●感想

 戦闘がものすごくかったるいです。
 読み込みが長いのは仕方ないとして、一度コンボがはじまると方向転換できないのがかなりストレスたまりました。

 UI関係の出来がいまいちで、これもストレスの元になっています。

.
 ゲームとしては、確かに話題になるだけの大作です。
 本編以外のミニゲームやサブミッションも山ほどあり、全部楽しむには相当の時間がかかると思います。
 登場人物は皆キャラが立っており、ストーリーもよくできています。

 ただ正直言って、メインストーリー以外の部分が全然楽しめませんでした。
 キャバクラシステムなんて、めんどくさいだけでどこがおもしろいのかさっぱりわからない……。
 ギャンブル系のミニゲームも「そんなことして何になるの?」と思ってしまう。(僕はRPGのカジノもまったく楽しめないのです)

.
 ヤクザになって歓楽街で豪遊というコンセプトがどうにも受け入れられませんでした。
 かっこいい主人公を見たいのに、僕にとってかっこ悪い行動しかできないわけです。
 主人公が完全な外道という設定なら、外道になりきってめちゃくちゃできるんですが、そういうゲームは日本では出せないだろう……。

 娯楽作品としての出来は素晴らしく、おすすめではあるんですが、僕にとってはいまいちな一作でした。

.

開発元 セガ
発売日 2005/12/08
 
プレイ記録
サブストーリー 33
技ゲット数 92%
倒した敵 798体
コインロッカー 71%
再挑戦回数 29回
セーブ回数 40回
プレイ時間 15:17

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress