自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2013 年 4 月 25 日

XBOX360/PS3 ロスト プラネット エクストリーム コンディション

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 22:44:11

 国産TPSです。
 2006年(ほぼ2007年だけど)に、この完成度の国産TPSが出ていたとは驚きです。
 評判は知ってましたが、海外製作だと思ってました。

 雪原で巨大怪獣と戦うゲームです。
 変形ロボットによる戦闘がなんとも日本的です。

 完成度は高いんですが、「なんでこうしちゃうの?」と感じる部分も無きにしもあらず……。

 XBOX360版は中古でとてつもない値崩れを起こしています。
 ワンコインで国産TPSの底力を体験することができますよ……。

.
 オンラインの評判がいいのですが、未プレイです。
 オフのみの感想となります。

.
●システム

 基本的なTPS操作に加え、ワイヤーを使って高所に登ることができます。
 しかし操作感がけっこう重いうえにジャンプ中にワイヤーが撃てないで、かっこよく立体的な戦闘を行うのは難しいです。

 また、武器交換時に立ち止まったり、ジャンプ後に硬直があったりと、快適とは言いがたい操作感です。
 アクションゲーム的な要素を入れながら、リアルな挙動を目指しているような感じです。

.
 エネルギーによる制限時間があります。
 Normalならあまり神経質になることはないですが、それでもじっくりプレイできないのは残念でした。

 しかも敵は無限沸き(復活)です……。
 生成地点から一定距離離れると復活するらしい。

 ダメージを受けても、エネルギーを使って体力回復できます。

.
 さまざまな乗り物やロボットが出てきます。
 場面に応じてどんどん乗り換えて戦うことができます。
 また、ロボットに乗っていなくても、ロボット用の重火器を持ち徒歩で戦うことができます。

.
●グラフィック

 最近のものと比べると見劣りしますが、雪原での戦闘というのは理屈抜きにかっこいいです。
 怪獣のデザインもいい。

 主人公のモデルに微妙な知名度の韓国人俳優を使っており、なんなのこれは?という感じです。キャラの国籍とも関係なく、ポリゴンの顔モデルに使っているだけで(声もモーションも別の人がやってるらしい)、かなり意味がわからない。

.
●感想

 大型キャラとの戦闘を面白く作るのは、やはり海外より日本のメーカーだなぁと思わせてくれます。
 日本のよさと海外のよさを融合させたゲームになっています。

.
 ゲーム自体はよくできていておもしろいんですが、エネルギーによる時間制限や敵の無限沸きなど、ゆっくりと楽しめない方向の調整が気になりました。
 巨大ボスには部位破壊があるものの、これもすぐに復活してしまいます。
 これらの窮屈なプレイ感が性に合わず、Normalクリアだけで終了してしまいました。
 最高難度は、寄り道が全くできないほどエネルギー減少が速いそうですよ……。

 とはいえなかなかの良作ではあるので、体験して置いて損はないという感じです。

.

開発元 カプコン
発売日 2006/12/21(XBOX360)
 
プレイ記録
難易度 NORMALクリア

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress