自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2013 年 4 月 27 日

Pandea [ Soylent Green ](輸入盤)

Filed under: 音楽 — タグ: — 坂葉 @ 20:16:46

 マインドオデッセイのマリオさんとダンさんのプロジェクトです。
 2010年発売の1stアルバム。
 ヴィクターも少しだけ参加しています。

 SF映画「ソイレントグリーン」を題材にしたコンセプトアルバムのようです。
 複数のヴォーカリストが参加し、キャラごとにリードヴォーカルを変えるという形です。

 豪勢なクワイアを強調した大仰なパワーメタルとなっていて、マインドオデッセイとは一味違う楽曲が楽しめます。
 テクニカルな曲をキャッチーに仕上げ、お上品な雰囲気のあるマインドオデッセイに対し、こちらは勢いのある曲調と合唱でジャーマンメタルファンの心をわしづかみにする感じです。

 曲の出来は悪くなく、「マインドオデッセイなんてヴィクターのバンドじゃん。残りの人いらないじゃん」などと侮ってる人は驚くかもしれません。いやまぁそんな失礼なことを考える人はいないと思いますが。

.
 しかし!
 なんというか、「地元の知人を集めてワイワイ楽しくやりました!」という感じで、正直言ってゲスト参加の人たちが楽曲のクォリティに合っていません……。露骨にへたくそな人も混じっている……。
 売り(?)のクワイアも、「ライブで大合唱」のノリで美しくありません。ラフな合唱は臨場感はあるものの、スタジオアルバムならビシッと揃えてほしい……。

.

↑このワクワクしてくるイントロ! そして歌に入る瞬間になぜか別の曲に切り替わる残念な演出! その次の曲は露骨にへたくそな人!
 売る気があるのだろうか。
 4:30からヴィクターさんのソロで、その後のダンさんのソロ~疾走曲は、この残念な動画でも少しおすすめできるところ。

.
 ヴィクターにきっちり監修させて、マインドオデッセイのアルバムとして出してくれればよかったのに……と思う作品でした。
 ほんと惜しい。

 00年代前半に、イタリアやスウェーデンのわけのわからないメロスピCD(輸入盤)を買って「ガッツポーズで悶絶失禁! 青い涙が止まらない~」とか言ってた人なら、問題なく楽しめると思います。
 なんかバカにしてるみたいな感想だけど、ほんと曲はいいんですよ……。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress