自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2013 年 4 月 29 日

XBOX360 ジャストコーズ ビバ・レボリューション

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 22:29:41

 GTA型のオープンワールドゲームです。
 島を丸ごと一つ舞台にしておりマップがかなり広いです。
 しかしゲームとしてはものすごく単調でした……。

.
●システム

 磁気フックを使って他の乗り物に飛び移ることができます。
 ただこれがかなりいまいちな操作感で、使いにくいのに無いと不便という代物です。
 建物や地形にもフックが引っかかればかなり楽しくなりそうでした。

 高所から飛び降りた時に、パラグライダーを使って滑空できます。
 しかしあまり自由に動けないのがもどかしい……。
 かっこいいけど華麗に使いこなすのは至難の業です。

.
 戦闘は自動照準で、相手が人間なら適当に撃ちまくっているだけで勝てます。
 しかしロケット弾を打ち出す装甲車は恐ろしく、狙われたら瞬殺されます。理不尽感が強いもののうまく立ち回ればなんとかなるあたり、なかなか絶妙なバランスなのかもしれません。

 手榴弾を投げた後LBを押すとロックオンでき、銃撃することで空中起爆できます。これはおもしろいです。


 島内では政府軍、ゲリラ軍、麻薬カルテルが勢力を競い合っています。
 ゲリラ軍や麻薬カルテルに協力することで信頼ポイントが上がっていき、ポイントに応じて武器・車両・アジトがアンロックされていきます。

 政府軍や敵カルテルに支配された村はマップ内にアイコンとして表示されており、村のそばにいる仲間の工作員に話しかけると戦闘モードになります。
 みんなでワーワーと攻め入るのは、なかなか雰囲気があっておもしろい。

 解放した地域は全体マップの色が塗り替えられていき、進行度が感じられるようになっています。奪った村を取り返されることはありません。


 ボタンの反応の悪さとか状況によるボタンの機能の違いが気になります。
 操作性がよくないと思いました。

.
●グラフィック

 島の景観はすばらしいです。
 時間によって光の表現が変わり、夕方などは美しい景色を堪能できます。
 ヘリや航空機を奪うと島を一望できるほどの高さまで上がることができ、そこからスカイダイビングをしつつ景色を眺めることもできます。

 その反面、キャラのモデリングはかなり残念なことになっています……。

.
●ストーリー

 いかにも洋ゲーという感じの、あってもなくても変わらないようなストーリーです。
 主人公ががんばって戦ってるのに司令部の二人は優雅にバカンスを楽しんでるあたりが、笑う所っぽいです。

.
●感想

 グラフィックはすばらしいんですがゲームはものすごくいまいちでした。
 あまりにもやることがないです。
 メインミッションのほかは、撃ちまくるだけの解放ミッションとレースミッション、あとは収集関係くらいしかない……。

 解放するべき村はものすごく大量にあるので、それをぷちぷち潰してくのはそれなりに達成感があります。
 仲間たちとワーワー言いながら突っ込んでくのは楽しい。
 ただメインミッションをクリアしてしまうとそれ以上やる気が起きません……。

 マップには切り立った崖が多く、直線距離は短くても遠回りしないと目的にたどり着けないことがあります。
 しかもマップ自体がものすごく広く、何もない山道を延々と進まないといけなかったりするので、面倒くさい。
 中盤になるとミニヘリが支給されるので多少は楽になりますが、序盤はきついです。
 序盤でヘリに乗るには、そのへんの車を銃撃しまくって警察のヘリを呼び、それを奪う必要があります。まあヘリを奪うのはそこそこ楽しい。


 つまらないわけではないんですが、よほどの箱庭ゲームファンでない限りやる必要はないかも……という作品でした。
 このゲームならではの良さは、美しい景観くらいしかない……。
 ミッションを工夫すればいくらでもおもしろくできたと思うんだけど、基本システムを作り上げたところで力尽きたという感じです。

 やるべきことが少ないぶん、気軽に箱庭ゲームを楽しむのには向いてるかもしれません。

開発元 Avalanche Studios
Eidos Interactive
発売日 2006/09/27

.

プレイ時間 18:54:11
終了したストーリーミッション 21
終了したサイドミッション 5
ゲリラ支配地域(州) 20
ゲリラ管理地区(村) 28
リオハの村 19

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress