自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2013 年 8 月 22 日

PS3 メタルギアライジング リベンジェンス

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 21:42:28

 プラチナゲームズがメタルギアを作るというありえない企画により誕生した、約束された神ゲーです。
 メタルギアが、原作の雰囲気を残したまま超派手なコンボアクションになりました。
 ステルス要素もあり、上手くプレイすれば難しい場面を無傷で切り抜けられます。

 アクションの完成度は非常に高く、ストーリーもよくできていて、超おすすめの一作です。

.
●システム

 弱攻撃・強攻撃を組み合わせて戦うコンボアクションです。
 とはいえ他のコンボアクションと比べると、さほどコンボ重視ではない作りとなっていて、連打だけでもなんとかなります。というか弱連打が最も効率がいい場合もある。

.
 L1を押すと「斬撃モード」が発動しスローモーションになります。
 右スティックで切断の角度を決め、左スティックで位置を決め、自由な軌跡で対象物を切断できます。

 このゲームには部位ダメージが設定されており、特定部分を切断して攻撃力を奪ったり、「不殺状態」で戦闘を終了させることもできます。

 敵は体の中心に弱点があり、ここを切断すると敵の自己修復ユニットを奪えます。
 自己修復ユニットを取得すると、斬撃モードのエネルギーと体力が完全回復します。
 このシステムのおかげで、あまりダメージを気にせずにプレイできます。

.
 敵が攻撃中に、敵の方にレバーを倒しながら弱攻撃をすると「シノギ」というガード動作になります。
 ぎりぎりのタイミングでシノギをするとカウンターとなり大ダメージです。
 入力はかなり曖昧でよく、レバー前と攻撃を連打しているだけで大半の攻撃を防御できます。
 これさえおぼえておけば、アクションゲームが苦手でもEASYなら正攻法でクリアできるでしょう。

.
 ゲーム的にはステルス要素はさほど重要ではなく、ノーアラートクリアによる特典もありません。
 基本はあくまでもコンボアクションで、難所の救済措置や挑戦要素としてステルスプレイがあるという印象です。

.
●グラフィック

 キャラデザインも背景グラフィックもエフェクトも素晴らしいです。
 欧米のトップクラスと比べるとさすがに背景のレベルは落ちますが、それでも60FPSで動くのは素晴らしいです。
 背景に割く人員さえ充分なら、有名FPSと張り合うくらいの画面になるのではないでしょうか。

 キャラデザインも細部まで凝っていて見ごたえがあります。
 装備品などのパーツに、いちいち「こういう機能のためこうなっている」という設定があり、それがアクションに活かされていたりします。
 相当のマニアというか、重度のオタクっぷりを見せ付けるみごとな仕事ですよ……。

.
●ストーリー

 評判はあまりよくないんですが、僕はものすごく楽しめました。
 話が進むにつれ主人公の雷電が荒んでいき、ダークヒーロー的な雰囲気が漂ってきます。
 荒んではいるけど正義の味方というところが、僕の中の中二病を刺激する……。
 なぜこれが批判されるのだろう……。

 僕はもともと雷電というキャラが好きなので、大満足のストーリーでした。
 2の頼りない若造の雷電も、4の破滅的な雷電も、ライジングの荒んでいく雷電もかっこいい。
 実はソリッドスネークはそれほど好きではない。なぜなら、渋いキャラに見えて軽薄な発言(MGS1)が目立つから。

.
 ラスボスもかなり批判されています。
 確かに「いきなり誰おまえ?」みたいな唐突な登場で面食らいますが、キャラの個性がとんでもないことになっており、すごいカリスマ性を漂わせています。
 ギャグっぽい雰囲気も敬遠される原因のひとつのようですが、奇人怪人が入り乱れるメタルギアという作品を考えれば許容範囲ではないでしょうか。
 今後の作品での再登場を期待します。

.
 ただ惜しい部分もありました。
 主人公のライバル役として大々的に宣伝されていた「ジェットストリーム・サム」の出番がほとんどないのです。
 しかもボスとしての強さはかなり下のほうで、戦闘も地味なのが悲しい。邪魔の入らない荒野で一対一のチャンバラ対決というシチュエーション上仕方ない部分もありますが。

 ラスボスも、登場の唐突さがなければもうちょっと評判良くなっていたかも。

.
●感想

 これはちょっとおもしろすぎて九周くらいしました。
 最高難度は泣きたくなるほど難しいものの、回復やサブウェポンを使わず標準装備のみでクリアできました。
 正直に言えばモンスーン戦がめんどくさすぎて回復使ったけど。その後攻略サイトを見て効率のいい戦い方を知ったので、もう一度やれば回復無しでもいけそうです。

.
 初回版特典としてフォックスブレードという武器が手に入るのですが、これがあまりにも強すぎて残念なことになっています。
 アクションが苦手な人のための救済策だとは思うのですが、それにしても極端に強すぎる。
 イージーがかなり簡単なので、ここまでサービスしなくてもいいのでは……と思うのでした。
 アーマーブレイカーでさえチート臭いと思っていたのに。

 とはいえトロフィーやコレクションの回収用にはいい武器なので、難易度リベンジェンスのクリア特典くらいにしてくれれば良かったんじゃないかと思います。
 初心者用の初回版特典としては、ダメージ半減の義体とかがよさそう。

.
 カプコン系開発者の作るアクションゲームは使いまわしボスが多いという印象ですが、本作ではほとんど使い回しがありません。(ボスとして登場後、ザコとして弱体化して登場するものはいます)
 メタルギアRAYは迫力あってかっこいいので、終盤でもう一度対戦したかったです。三体相手とか。さすがに複数出すのはハード性能的に問題あるのかな。

.
 ベヨネッタを越えるコンボアクションはそうそうでないだろうな、と思っていたら、勝るとも劣らない作品が発売されてびっくりです。
 この会社の開発力はどうなってるんだ……。
 どちらの作品も甲乙付けがたいほどすばらしいものの、個人的にはメタルギア+ステルス要素ということでこちらのほうが若干上という感じです。

 ほんとものすごい名作です。
 もっと続けたいですが他にも積みゲーの山があるので、標準装備で難易度リベンジェンスをもう一周して終了ということにしよう……。

 追記 プラチナトロフィー取得できました。
 VRミッションは「こんなん無理に決まってるだろ!」という感じでしたが、パズル的な構成になっていて解法がわかればなんとかなる難易度でした。(3つのミッションで攻略動画に頼りました)

.

開発元 プラチナゲームズ
発売日 2013/2/21

.

. Normal Hard VeryHard Revengeance Revengeance
総プレイ時間 9:08:26 5:22:02 9:18:44 16:13:04 2:35:04
総獲得BP 469298 412103 463699 603727 525925
総斬奪回数 185 179 324 483 124
連続HIT数 135 207 215 107 362
通常撃破数 284 245 561 834 71
切断撃破数 160 126 296 508 464
爆破撃破数 0 1 3 4 3
総撃破数 533 470 913 1471 547
不殺数 7 3 8 36 6
Continue 76 20 143 739 3
アラート回数 98 56 200 588 93
Head 12 16 28 41 11
LeftArm 28 56 27 61 30
RightArm 40 42 47 70 31
LeftLeg 4 8 1 21 9
RightLeg 3 4 2 16 8
総切断回数 18054 9302 15270 26062 9970
称号 5 6 6 8 9
称号 金侍忍傾斬 村金侍忍傾斬 金忍傾斬 時糠金侍忍傾斬 村金仕傾斬
ランク bccccbbcC ccccccccbC ccbbccabC ccccccbcC sssssssS
. . . . . .
Body Custom Body Standard Body Standard Body Standard Body Standard Body
メイン武器 HF Blade HF Blade HF Blade HF Blade Fox Blade
ユニーク武器 無し 無し 無し 無し 使用
サブ武器 使用 使用 無し 無し 無し
Wig 無し 無し 無し 無し B
回復 無し 無し 無し 使用 無し

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress