自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2013 年 12 月 24 日

Dark Moor [ Ars Musica ]

Filed under: 音楽 — タグ: — 坂葉 @ 13:23:45

 スペインのシンフォニックメタルバンドの九作目です。
 僕が持っているのは2ndと3rdのみでしたが、今になって突然来日するというので、新作を購入してみました。
 2000年代初期のメロスピブームへの郷愁もあって「あのころ楽しい思い出をもらった恩返し代わりに、新作を購入しライブに行ってみよう」という感じでした。
 実に十年ぶりに聴くダークムーアのアルバムです。

 まあなんというか、メロスピファンを自称してるわりには、クラシカルなメロディ+ハイトーンというのはあんまり好きじゃないので、これまで敬遠していたのですね……。

.
 期待を越える完成度で、大満足の一作でした。

.
 近年のダークムーアは「メロスピじゃなくなった」「メタルじゃなくなった」など、散々な言われようなので若干心配でしたが、実際に聴いてみたところ大変すばらしいアルバムで驚きました。

 ツーバスドコドコの典型的メロスピ曲こそほとんどなくなってしまったものの、音楽的なレベルは格段に上昇してると思います。
 歌メロの充実度はすごいものがある。

 初期から考えるとリーダー以外の全員が代わり、十年たったというのに、ちゃんとダークムーアらしいメロディが残っているのは少々驚きました。
 その上で、洋楽ポップミュージック的な超キャッチーなメロディが追加されており、メロディ重視派のメタルファンならば大喜びしそうな作品になっています。
 ただ、こういうメジャー感のあるメロディは、メロスピファンは好まないというのもわからないでもない……。

 ヴォーカルは中音域重視のセクシーな声質です。バラードがたまらん……。
 ライブにも行ったのですが、「Gara & Jonay」が素晴らしすぎて漏らしそうでしたよ。

.
 シンフォニックなアレンジは相変わらずですが、歌メロがポップなので、クラシックというよりはオペラやミュージカルのような印象になっています。女性クワイアが、ミュージカルっぽさをさらに強調している。
 僕は、露骨にクラシックのフレーズを拝借するものよりも、こういたスタイルのほうが好きなので、旧作よりも楽しめました。(正直に言ってしまうと旧作は速い曲しかいいと思えなかった……)

 また、ブラス系の音が目立つアレンジになっていて、典型的なシンフォニックメタルとは若干印象が違うため、このあたりもメロスピファンは好まないのかも。

 This is my way、Together as ever、Saint james wayあたりが、今のダークムーアを象徴している曲と言えそうなおすすめ曲です。

.
 典型的メロスピ曲がほぼ無くなったのは大きな痛手ですが、それを補うくらいの良さもあります。
 さわやかな哀愁が漂う、大仰なパワーメタルを聴いてみたい人にはかなりおすすめです。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress