自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2013 年 12 月 25 日

Helicon の Uwe Heepen 逝去

Filed under: 音楽 — タグ: — 坂葉 @ 22:44:37

 ヘリコンのウヴェ・ヒーペンが2013/10/07に亡くなったそうです。
 死因はわかりませんが、自宅で亡くなったとのことです。

 http://www.aachen-gedenkt.de/31841079

 http://www.metal-archives.com/artists/Uwe_Heepen/118336

.
 僕がヘリコンを知ったのは、ビクターの「ピュアメタル・サンプラー vol 1」からでした。
 いろんなバンドの曲の詰め合わせで1500円という価格が魅力的でした。
 ちょうどメタルを聴きはじめたころだったので、このシリーズはありがたかったです。

 ガンマレイ、レイジ、ランニングワイルド、ストラトヴァリウス(この頃はまだ超マイナーだった)等が名を連ねる中、僕が一番耳を惹かれたのが、ヘリコンの「Fight for your fame」でした。
 これがかなり疾走感があってかっこいい曲なのです。
 当時ノイズの社長も、このバンドを「Helloween以来の逸材!」みたいに大プッシュしてたらしいですよ。
 ネットの無い時代、地方のメタルファンにとっては情報源はBurrnとラジオだけでした。
 そんな中でこのコンピレーションアルバムを購入し、自分の感覚を頼りに見つけたのが、このヘリコンだったのです。

.
 アルバムが出ているとのことで、さっそく買ってみると、他にFight for~のような曲はなく、少々がっかりしました。音もしょぼくて、これまたがっかり。しかもFight for~はボーナストラック……。
 1stアルバムの最初の曲(イントロに続いて二曲目)が「Helicon Pert 2」というタイトルなのも謎すぎます。パート1はどこにいったんだ……。

 しかし歌メロはかなりキャッチーで、どの曲にもフックがあったので、僕は大いに気に入ったのでした。
 ジャーマンメタルというより、ハードロック的な印象です。アメリカ型のハードロックにドイツ臭いキャッチーな歌メロが乗るといったような。

.
 その後、メタルの達人の間では「歌が下手」「演奏が下手」「歌詞が中学生英語」「奇声」など散々な評価だと知り、悲しくなりました。
 ガンマレイ・レイジ・コンセプションとのツアーでも「こいつらだけ学園祭バンド」みたいな言われようで、Burrnの海外ライブレポートでも悲惨な扱いでした。

.
 しかしヘリコンはめげずに2ndアルバムを完成させます。
 これは、アルバム封入の解説文でも音痴だとバカにされていてかわいそうな作品なんですが、これまた中々の良作でした。
 音はグッとジャーマンメタル的になり、九分近い大作も入りました。
 相変わらずC級の臭いが漂うアルバムでしたが、僕はこれまた大いに気に入りました。
 中でも大作のPower Magicは、同時期に出たジャーマンメタルの楽曲の中でも屈指の名曲だと思います。
 ちなみに、2ndの最後の曲が「Helicon Pert 1」です。なぜここに来てパート1なんだー。

.
 とはいえ、世間での評価はやっぱりC級バンドで、結局バンドはそのまま消滅してしまうのでした。

 2000年代にソロアルバムを二枚出すも、日本では買うことができず、まったく話題になりませんでした。個人輸入するしかないそうで、僕も手が出ませんでした。

.
 しかし、ジャーマンメタルブーム真っ盛りにガンマレイやレイジとツアーをしただけあって、日本盤はそれなりに売れたんじゃないかと思います。
 なんと、2008年に再発されています。

 歌メロにはかなり個性があり印象的なので、マイナー作品でも楽しめる人にはぜひ聴いてほしいです。

.
 他の人にはどうでもいいバンドだったかもしれませんが、僕にとってはものすごく重要な、思い出のバンドです。
 すばらしい作品をありがとう。

2件のコメント »

  1. Heliconは本当に惜しかった。
    B誌にあんな書き方をされなかったら、何とかなったんじゃなかろうかと思ってしまいます。

    あのLiveのレビューは確か外国人の記者だったと思うのですが…。

    好きな人は結構いると思います。

    コメント by 匿名 — 2015 年 12 月 3 日 @ 01:57:12

  2.  ヘリコンはほんと惜しいですよね。
     当時のB級ジャーマンメタル勢の中では、他のバンドのフォロワーになっておらずメロディの個性も際立っていたと思います。
     ダメバンド扱いだと知ったときは驚きました。

    コメント by 坂葉 — 2015 年 12 月 5 日 @ 19:18:35

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress