自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2014 年 2 月 24 日

カート・ヴォネガット・ジュニア「スローターハウス5」

Filed under: 書籍 — タグ: — 坂葉 @ 23:02:03

 有名作家ですが一冊も読んだことはなく、本作も二十年くらい積みっぱなしでした。

 第二次大戦、中でも「ドレスデン爆撃」を扱った時間もののSFです。
 とはいえ、SF的なおもしろさは薄く、娯楽要素も薄いです。
 勇ましい戦記ものではなく、皮肉やユーモアを交え戦中戦後を傍観する、一般文学作品になっています。

.
 第二次大戦のさなかドイツ軍の捕虜になった男が主人公です。
 彼は別次元に住む宇宙人に誘拐され、自分の人生の時間軸をランダムに移動する体質になってしまいます。
 そんな彼の視点で、戦中戦後の世界を眺めていくといった内容になっています。

 一応反戦的な視点ではあるのですが、押し付けがましい過激さはありません。
 一兵士の立場から、起こったことを淡々と綴っています。

.
 実は「ドレスデン爆撃」というのは名前くらいしか知りませんでした。
 調べてみたところ、東京大空襲や広島長崎の原爆投下くらいの大惨事だそうです。
 英米の一般的な人たちがどう思ってるかなどの描写もあればと思いました。
 思想的政治的要素を薄めるため、あえて入れなかったのかもしれない。いや、英米の読者にとっては必要ないからかも。

.
 一般文学作品としては名作感が漂っているものの、正直言うとSFとしては見るべきところはあまりないような気もします。
 逆に第二次大戦を扱った文学作品が読みたい人なら楽しめそうです。
 村上春樹とかを愛好する人が気に入りそうな印象がある。

 自伝要素だけでなく、作者の旧作品の要素が盛り込まれており、集大成的な位置づけとのことです。
 過去作を読んでいれば、SFとしても別の楽しみ方ができるのかも。

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress