自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2015 年 1 月 10 日

XBOX360/PS3/PC セイクリッド2

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 21:16:33

 ブラインドガーディアンによるテーマ曲がごく一部に評判のハック&スラッシュRPGです。
 これはおもしろいです。クエストが山ほどあり、全部クリアしようとなると相当の時間楽しめます。
 しかしバグが多く、割と致命的なもの(ゲームバランスに影響し、元に戻らないバグ)もあります。
 僕は致命的なバグに引っかかってしまい、中盤以降は素直に楽しめなくなってしまったのでした……。

.
●システム

 トップビュー型のハック&スラッシュ型ARPGです。
 アクション要素は低めで、MMORPGに近いような操作感でしょうか。(僕はMMORPGはほとんどやったことないんですが)
 敵のそばで攻撃ボタンを押すとロックオンされ、そのまま押し続ければ倒すまで攻撃してくれるシステムです。

 バフとかチャージ攻撃とか、一般的なハック&スラッシュRPGの戦闘方法です。
 ABXYボタンに武器や特殊攻撃を割り振ることができ、LTとRTを合わせて十二種類の攻撃を呼び出せます。
 また、2~3種類の特殊攻撃をコンボとしてまとめることができます。

.
 メニュー類はRBを押しながらスティックで選択します。これが少々使いにくい……。

 ミニマップ・全体マップは暗闇に覆われており、一度視界内に入った部分は明るくなっていきます。
 白地図を埋めていく探索感があります。

.
 敵を倒すとさまざまなアイテムを落とし、これを集めて少しずつキャラを強化していきます。
 街の中にある宝箱に保存しておけば、再プレイ時に別のキャラで使うこともできます。
 ただ装備にもレベルがあり、キャラのレベルが装備のレベル以下だと移動が遅くなったりチャージ時間が延びたりのペナルティがあります。

 回復アイテムが山ほど出るので、回復を連発していればまず死ぬことはありません。

.
 ゲームは常にリアルタイムで進行し、ゲームオプションを開いてるときやXBOXボタンを押しているときでさえゲームは止まりません。
 放置してトイレに行ったりしてると、帰ってきたら死んでるということもありますよ……。
 死亡ペナルティはほとんどないのであまり気にしなくてもいいんですが。

.
●グラフィック

 非常に綺麗ではあるんですが、フレームレートが低かったりテクスチャの張り遅れが目立ったりと、力技感がすごいです。
 時間経過によって明るさが変わったり、雨や雷などの天候変化もあります。

 今時の洋RPGとしてはめずらしく、キャラのカスタマイズはできません。性別さえ変えられません。(一部キャラは髪の色を変えられる)

 敵キャラもあまり奇抜なものはいません。
 映像面ではこれといった特徴がなく、ちょっと寂しいような気がしないでもない。

.
●ストーリー

 クエストは山ほどあるものの、あまりおもしろい内容ではなく、途中からまったく読まずに進めてました……。
 メインシナリオも、まぁ洋ゲーならこの程度だろうな……というものです。
 SF要素はないほうがよかったなぁ。

 ブラインドガーディアンのシナリオは取ってつけたような感じがすごいんですが、なんと専用ムービーがあります。ゲーム中一番力が入っている。エンディングよりすごい。

.
●感想

 探索感がすばらしいです。RPGはこうでなくては。
 最初のうちは寝食も忘れて没頭してましたが、「これはいつまでたっても終わらん……」と思い一気にメインシナリオを進めてクリアしました。
 一章の舞台と六・七・八章の舞台が地続きなので、最初のうちは気付かずに強い敵と戦いまくっていました……。そのせいでレベルや装備が揃いまくり、メインシナリオはあっという間に終わってしまいました。
 でも敵の強さはこちらのレベルによって変わるそうなので、普通に進めても対して変わらなかったかも。
 メインクエスト5%の時点で、サブクエスト380以上クリアしてました。

.
 バグが非常に多いです。
 クエストのマーカーの表示異常が目立ちます。
 クエスト失敗時にもバグることが多いようで、僕は無敵の従者二人とずっと冒険することになってしまいました。(何をやっても解雇できない)
 たいして強くないからそれほど有利になるわけでもないものの、それでも「ズルしてる」という後ろめたさが強かったです。これのせいで中盤以降はモヤモヤした気持ちでプレイしていました。

 アイテムを処分してもリストに残ることがあります。
 バフ(効果が持続する特殊能力)をつけているとメニューが誤動作するという謎のバグもあります。
 不死身の敵が出てきたりもします。最初は特殊なアンデッドかと思ったんですが、バグらしいです。また、こちらから攻撃できず(ロックオンできない)一方的に殴ってくる敵もいます。割と強くて困る……。
 バグとはちょっと違うんですが、ロックオンした敵の周りをちょろちょろ動き回って攻撃しなくなることもあります。位置取り完了後に攻撃するというシステムのため、敵の移動や地形の関係で起こっているっぽい。

.
 UIの出来がいまいちです。
 日本のゲームに慣れてると「なんでこうなってるの? 作ってる人は不便だとは感じなかったの?」という部分がいろいろと出てくると思います。
 ほんとなんでこうなんだろうな……。

.
 同行者の思考ルーチンがバカ過ぎます。なにを考えたらこういうプログラムを世に送り出せるのだろう。
 弱いくせにものすごい勢いで敵に戦いを挑む(視界外まで敵を追いかけていく)キャラとかほんと勘弁してほしいです。
 臆病キャラも、主人公のそばにいればいいのに、これまた視界外まで逃げていくから困る。
 こいつらが死ぬとクエスト失敗ですよ……。

.
 なにも考えずにスキルを取得すると後々困ることになります。
 取得数に上限があり、リセットはできません。
 僕はレベル15くらいまでプレイしてからやりなおしました……。

.
 小さい集落などは全体マップに記載されません。
 また、発見した洞窟やクエストの位置なども全体マップには記載されません。
 せっかく探索が楽しいゲームなのに、この二点は非常に残念でした。
 そのため、クリアしてから残りのクエストを埋める気がなくなり、プレイを終了してしまいました。

.
 ゲームクリア後は、クエスト達成数などの情報が見られなくなります。
 プレイデータを眺めて余韻に浸るのが好きな僕にとって、これはひどすぎる仕打ちですよ……。
 キャラデータを使い冒険をしなおすことは可能です。

.
 最初のうちはすごい勢いで没頭してしまうけど、数々のバグとマップの仕様(発見した洞窟や集落がマップに記載されない)のため、だんだんと熱意が薄れていくゲームでした。

 わりとおすすめではあるんですが、強くおすすめするほどでもないなぁという感じです。
 バグさえなければ相当の傑作だと思います。僕がプレイしたハック&スラッシュものの中ではトップクラスです。
 バグがあるといっても、クリア不能になるようなのはない……かも。数々のバグも、細かいことを気にしない人なら平気かもしれないぞ……。
 キャラや育成方法によって戦闘スタイルが大きく変わるらしいので、凝り性の人は長く楽しめると思います。

 バグが無ければもう一度やりたい。

.

開発元 Ascaron Entertainment
発売日 2010/02/10

.

種族 シャドウウォーリア
レベル 66
信仰神 キベレ
難易度 シルバー
ゴールド 19738328
キャンペーン ライト
総プレイ時間 71:24
マップ踏破率 54.3%
倒した敵 26910
死亡回数 22
完了したクエスト 400以上

.

スキル
破滅の戦士の修練
戦術の知識
二刀流
防具の知識
騎乗
速さの知識
死者の統率の知識
精神集中

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress