自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2015 年 2 月 7 日

XBOX360/PS3 ベヨネッタ

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 18:57:40

 初代デビルメイクライを作った神谷英樹氏によるコンボアクションです。
 お色気過剰なアクの強いキャラクターが評判です。ゲーム的にも「これまでとは一味違うコンボアクション」となっていて完成度が高いです。
 ただ、本作のおもしろさ(製作者が狙ったおもしろさ)は「ダッヂオフセット」という特殊テクニックを使わないと見えてこないため、普通にプレイする限りではありきたりのコンボアクションに見えてしまうかもしれません。(それでも充分すごくて満足できると思いますが)

 ものすごい大傑作なので、Normalでクリアしたらぜひとも高難度モードにも挑戦してみましょう。

.
●システム

 パンチ、キック、ジャンプ、ロックオンなど基本的なコンボアクションの操作です。回避ボタンもあり、これを活用することが本作の売りとなっています。
 攻撃ボタンを押しっぱなしにすると自動連射の射撃となり、弾を当てている間はコンボが継続されます。

 敵の攻撃をぎりぎりで回避すると「ウィッチタイム」が発動し周囲の時間の流れが遅くなります。
 スローモーションというより、一方的に攻撃を加えられる無敵モードといった感じです。

 コンボの最後の一撃には超強力な技「ウィケッドウィーブ」がセットされており、これを決めていくのが戦闘の基本になります。
 ここで重要なのが「ダッヂオフセット」というテクニックです。
 攻撃ボタンを押したまま回避ボタンを押すと、コンボを継続したまま回避することができ、これを活用すれば激しい戦闘のさなかにも長いコンボを最後まで繋げることができます。
 また、ウィケッドウィーブをを出すためには途中の攻撃を当てる必要はなく、攻撃→回避を繰り返してコンボを進めていき、最後だけを当てるという戦法もあります。というより難しい場面ではこれが基本戦法となるでしょう。

.
 QTEがいろいろと仕込まれています。
 僕はQTEは嫌いじゃないので気になりませんでしたが(むしろ好き)、本作で賛否両論となる部分でもあります。

 レースと3Dシューティングのミニゲームも入っており、これがプレイ評価にも関わるため、これまた賛否両論です。ミニゲームのエリアはけっこう長いため僕も正直めんどくさいと思いました。1/3程度の長さなら良かったかな……。

.
 ダッヂオフセットのコツ。
 僕のおすすめのやり方を書いてみます。

 本作では一般的なコンボアクションとは違い先行入力が効きません。最初の技が出たのを確認し次の技を出す必要があります。これはけっこうタイミングが難しい。
 しかし本作はボタン長押しの銃撃でコンボを継続できるため、「攻撃後ボタンを押しっぱなしにし、銃撃が始まったら次の攻撃」という方法が使えます。
 しかしいつまでも銃撃していると別の敵に殴られます。なので、銃撃中に回避を入れるわけです。

 武器はオニキスローゼスを使用します。この武器には敵をひるませる効果があり、牽制しつつ戦えます。また発射音でボタン長押しを確実に確認できるため、回避のタイミングがとりやすいです。
 オニキスローゼスを装備し、「P・弾が出るまで長押し・回避」、「P・弾が出るまで長押し・回避」、「K」と入力するとウィケッドウィーブが出ます。攻撃、長押し、回避をワンセットでおぼえるとよいでしょう。
 慣れてきたら、P、P・長押し、回避、Kにしてみたり、他のコンボを使ってみたりしましょう。
 オニキスローゼスの発射でタイミングを取るのはすごくおすすめですよ!

.
●グラフィック

 キャラ、背景、エフェクト全てがかなり高レベルです。
 基本フレームレートは60FPSですが、しばしばフレーム落ちします。
 PS3版は基本30FPSらしい。

.
●ストーリー

 けっこう凝ったストーリーです。しかし普通にプレイする限りでは何がなんだかわかりません。
 主人公には謎めいた過去があり、話が進むに従ってそれが解明されていく(プレイヤーに明かされる)という構成で、その主人公にとっても謎の出来事が起こるため、謎の上に謎が乗っかってプレイヤーにはさっぱりわけがわからないのです。
 しかしまあ話の本筋はわりとどうでもいいというか、気になった人が二周目をプレイをして堪能すればよいでしょう。

 本作はデモの最中の超人アクションやお色気アクションが非常におもしろく、これを見るだけでも楽しめます。
 DMC3のデモをさらに大げさにした感じでしょうか。

.
●感想

 これは傑作です。
 アクションゲーム好きなら見逃す手はないですよ!

 ただ冒頭にも書いたとおり普通に遊ぶだけではよくあるコンボアクションという印象です。
 僕もNormalとHardをクリアした次点では、きっちり作られた良作コンボアクションという程度の印象でした。
 しかしHardをクリアすると出現する「∞Climax」というモードがあまりにも難しすぎて、それはもう「こんなのゲームとはいえない!」というくらい難しくて、いろいろ試行錯誤しているうちに本作の本当の遊び方が見えてきたのでした。

 ∞Climaxになると通常攻撃が効かない敵が出てくるうえにウィッチタイムも発動しません。通常攻撃ではどうがんばっても倒せないわけです。
 そこで重要になるのがコンボの締めの「ウィケッドウィーブ」です。これなら通常攻撃が効かない敵にもダメージを与えられます。
 そしてウィケッドウィーブを当てるために、ダッヂオフセットが必要になるわけです。

 ダッヂオフセットをおぼえるとゲームの印象ががらりと変わります。
 難所が楽に越えられるようになるうえに、回避しながら戦うことで見た目的にもかっこいい。

.
 ステージ中に「アルフヘイム」というミニミッションが隠れています。
 DMCでいうシークレットミッションのようなもので、これをやることで様々なテクニックが身に付きます。
 ファンの間でも「これをひとつずつやっていけば自然とテクニックが身に付く!」と好評です。
 アルフヘイムをひとつずつ攻略しながらゲームを進めろという人もいるくらい。

 しかし、正直言うと僕は無理にやらないほうがいいんじゃないかと思っています。
 有効なテクニックではあるものの難易度がものすごく高いため、いちいちプレイしてるとゲームのテンポが悪くなる気がするのです。
 やるならHARDクリア後くらいでよさそう。僕は∞CLIMAXクリア後にやりました。
 もちろん挑戦すること自体は悪くないので、2~3回試して無理と思ったら諦めて先に進むという形がいいと思います。

 本作は熱心なファンが多くて、コツや攻略法を聞こうものなら「テクニックテクニック! ダッヂオフセットとアルフヘイム!」という感じなんですが、最初は勢いにまかせて適当に楽しみましょう。

.
 開発者の神谷英樹氏による実況解説プレイ動画が上がっています。
 これはあまりにも素晴らしすぎる企画なので、一通りプレイしたら見てみることをおすすめします。強くおすすめします。

.
 DMC3やMGRと並んでコンボアクション史上に名を残すべき大傑作なので、みんなもプレイしましょう。

.

開発元 プラチナゲームズ
発売日 2009/10/29
 
プレイ記録
難易度 ∞Climaxクリア
実績 全取得
合計プレイ時間 44:00:44

●プレイ記録。

 レッドホットショット以外の消費アイテムは使用していません。
 リトライやミニゲームがめんどくさいのでプラチナメダルは狙っていません。

難易度 Normal Hard ∞CLIMAX
アクセサリー 使用せず 使用せず 悪因悪果
セレーネ
手装備 スカボロウフェア オニキス オニキス
足装備 スカボロウフェア スカボロウフェア スカボロウフェア
エアダッチ
バットウィズイン
クロウウィズイン
エアダッチ
バットウィズイン
クロウウィズイン
エアダッチ
バットウィズイン
クロウウィズイン
ブレイクダンス
コンボ 575858 1106118 398186
クリアタイム 07:40:51 05:55:16 04:30:34

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress