自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2015 年 2 月 21 日

XBOX360/PS3/PC The Elder Scrolls IV オブリビオン

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 20:33:32

 今や海外産RPGの代名詞ともなった超大作です。(スカイリムの陰に隠れてしまった感じもありますが)
 広大なマップと大量のクエストは圧巻の一言。
 これこそが冒険ゲームといった感じで、未知の世界を切り開いていく楽しさに溢れています。
 評判どおりの大傑作でした。

 超おすすめです。

.
●システム

 FPSベースのARPGです。ボタン一つでTPS視点になります。

 LTで防御、RTで攻撃、Yでジャンプという3Dアクションゲームでは一般的な操作です。
 方向キーに特殊行動を設定できます。

 しゃがみ状態でステルスモードになります。ステルスアクションほど厳密なステルスではありませんが、割と重要な要素となっています。

.
 広大なマップの中に「好きなように遊べ!」と放り出されるタイプのゲームです。
 メインシナリオのほかにサブシナリオが山ほどあります。自動生成のお使いシナリオではなく、ちゃんとストーリーがついています。文章量も多く、かなり凝ってる。
 ゲーム中はリアルタイムで時間が流れており、クエストに関連する人物が敵に襲われて死んだりもします。

 マップはかなり広いですが、一度訪れた場所(街や洞窟など)は全体マップに記され、戦闘中でなければいつでも瞬間移動できます。(ゲーム内時間は過ぎます)

.
 なにかの行動するごとにスキル経験値が溜まっていくという方式で、プレイスタイルに合わせて自然とキャラが特徴付けられていきます。
 パラメータには上限があり、計画的にプレイしていかないと損をしてしまいますが、それで大幅に不利になることもないので好きにプレイするのがよいでしょう。

.
 戦闘はかなり難易度が高いです。レベルを上げて物理で殴るのが好きな人(例えば僕)はかなり苦戦すると思います。
 戦闘ごとに魔法で強化したり武器に毒塗ったりすることを推奨されているらしい。
 ただ、戦闘の難易度はいつでも変えられ低難易度でのマイナス要素も無いので、「難易度はNORMAL以上!」というポリシーでもない限り、物理で殴るスタイルでもいけると思います。

.
●グラフィック

 今見るといまいちな部分もあるものの、ゲームとしては必要充分です。エリアによってさまざまな景色が楽しめます。

 キャラの外見もある程度自由に変更できますが、オタクが喜ぶような顔にするのは至難の業でしょう。
 僕はせっかくなので強烈なキャラにしようと思い、トカゲ人間にしました。

.
●感想

 これは素晴らしかったです。何年たってもおもしろさが色あせないタイプのゲームだと思います。
 和ゲー・洋ゲーというくくりで語ったりせず、「とにかくすごい! おもしろい!」と表現したい作品でした。
 洋ゲーだからやらない、女キャラがブスだからやらないという次元の作品ではないですよ。インベーダー、スーパーマリオ、テトリス、ポピュラスなどのような、時代を越えて語り継がれる普遍的傑作だと思います。

.
 探索がとにかく楽しいです。まさに冒険ゲームですよ。
 洞窟を隅々までうろついてもろくなものが見つからなかったりもしますが、それでも楽しい。
 未知の世界の地図を埋めていく楽しさがあります。
 野山を駆け回って薬草を集めるだけでも満足できる。
 ゲームが進むにつれ家が手に入るので、集めたアイテムを家に保管できます。「保管して何が楽しいの?」と思う人もいるかもしれない。とにかく楽しいの!

.
 魔法などの特殊行動はショートカット登録できるんですが、登録数に限りがあり、またXBOXのコントローラーでは斜め入力に難があることから、これからプレイするならPC版のほうがいいような気もします。

.
 傑作ではあるものの、バグや不具合、理不尽な部分も結構あります。
 クエストが進行不能になる部分はもう少し配慮がほしかったです。
 名前つきの人物がいきなり攻撃してきて、殺すしかなくなるのも困る……。
 買った魔法が処分できなかったりソートがいまいちだったりするのも残念でした。

.
 割と誰でも気付きそうな無敵化の手段があります。
 これはなんとかしたほうが良かったかも。
 ずるすぎるので一旦は封印したものの、終盤で結局使ってしまいました。

.
 オブリビオンの門を全部攻略するまで遊びたかったですが、時間がいくらあっても足りないのと、どうせやるならPC版でやろうかなと思い、プレイを終了しました。
 しかしもう一度やりたいものの、スカイリムやフォールアウト3といった同系統の名作が控えている……。再プレイの機会はあるのだろうか。
 ※2015/02現在ではフォールアウト3もクリアしました。これもとてつもない大傑作でPC版で再プレイしたいんですが、まだニューベガスとスカイリムが後に控えている……。
 こんなおもしろいゲームを次々に送り出すとは、ほんとおそろしいメーカーですよ。

.
 世界中が熱狂するだけのことはある大傑作でした。
 超おすすめ。

.

開発元 Bethesda Game Studio
発売日 2006/03/20(米)
2007/07/26(日)

.

コンプリート率 54%
倒した敵の数 2616
敵に与えたダメージ 670524
盗みに成功した回数 0
盗みに失敗した回数 0
使用した金額 162.46.10
最大所持金額 204.54.70
自ら時始めた会話数 2371
コーデックス 259
探険した場所 94%
プレイ時間 55:13:18

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress