自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2015 年 3 月 28 日

XBOX360 バレットウィッチ

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 23:28:24

 国産TPSです。発売は2006年7月で、この時期に国産TPSを出したというのはちょっとすごいかも。ロストプラネットより先に出ている。
 ゲームのほうは、いろいろといい所もあるものの大事な部分で痒いところに手が届かない出来なのでした……。ものすごく惜しい感じ。

.
●システム

 回避・近接攻撃などがあり、アクション要素が強めに見えるTPSです。
 でも実際は回避も近接も全然使えないので、普通のTPSなのだった。

 自動回復する魔力を使って攻撃します。
 リロード時に一定量の魔力(つまり弾薬)を消費します。フルオートで撃ち続けなければ魔力切れになることはほとんどないと思います。

.
 敵の足止めや障害物生成、強力な攻撃などの補助魔法があります。
 補助魔法を使うと魔力ゲージの上限が下がります。ゲージ上限は敵を倒すことによって回復します。

 広めのステージが多く、戦闘の自由度はけっこうあります。

.
 クリア時にポイントがもらえ、能力をアップグレードできます。

.
●グラフィック

 敵のデザインやキャラのモデリングはなかなか出来がいいです。
 さすがに今見ると荒く感じますが、2006年にこれならけっこうインパクトあったかも。
 キャラクターデザインは韮澤靖だそうです。
 しかしレジスタンスの装備はもうちょっとかっこよくならなかったんだろうか。

 DLCはすべて無料で公開されており、パンツ丸出しコスチュームもあります。というか視点を変えれば他のコスチュームでも丸出し状態。

 背景は少々いまいちです。地球防衛軍シリーズを思い出す大雑把さというか……。
 しかしまあ2006年の国産ゲームなら仕方ない。かも。

.
●感想

 魔法やボス戦、キャラクターデザインなど、いかにも日本製という感じで好感が持てます。
 日本のゲーム界がこの方向で進んでいたらなあ、と思うのでした。

 弾を撃ちっぱなしにして狙いをつけられるため、照準合わせが苦手なFPS/TPS初心者でもわりと遊びやすそうになっています。
 その一方理不尽極まりない死に方が多かったり接近されると瞬殺されたりで、初心者泣かせの調整になっています。
 魔力自動回復とか補助魔法のシステムはなかなかいいと思いました。

.
 このゲームの一番の特徴は、上にも書いた「理不尽な死」ではないでしょうか。
 岩や自動車の残骸など物理エンジンによって動く物体がいくつかあり、それらに触れると即死です。
 自分で使った魔法の影響で死んだりもします。

 敵スナイパーに狙われると、障害物に隠れない限り100%殺されます。ただこれはレーザー照準機の光線が見えるためすぐに退避が可能で、それほど理不尽には思いませんでした。ゲーム的におもしろい仕掛けになっていると思います。

.
 どこに行けばいいのかわからない場面が多いです。しかもマップはかなり広い。レーダーはない。

.
 魔法を使えることが売りなんですが、UIの出来がいまいちで若干使いにくいです。慣れてしまえば問題はないものの最初はかなり戸惑いました。

.
 武器を構えるのに時間がかかったり回避後の硬直が長めだったりと、操作感はあまり快適ではありません。こういうところはすごく洋ゲーっぽい……。
 僕が国産アクションゲームに期待するのはこの部分が大きいので、もう少し頑張ってほしかったです。

.
 全体的に、アクションゲームを作りなれていないメーカーの作品という印象が漂っています。
 制作会社を調べたら、ドラッグオンドラグーンやヴァンパイアレインを作ったキャビアだった……。
 この「アクションゲーム作りなれていない感じ」は、この会社の作風なのか。操作感のぎこちなさはもうちょっとなんとかならないのかなぁ……。有名作品のスピンアウトものをたくさん作ってるそれなりに技術力ありそうな会社なのに。
 国産アクションゲーム好きのスタッフがいたらこうはならないと思うんだけど。

.
 意欲作ではあるものの、惜しい部分が多すぎておすすめできないという感じの作品でした。
 しかし2006年にこれがでていたというのは評価に値する……。
 PS3版が出ていれば、少しはマニア人気が出たかもしれません。
 ほんといろいろと惜しいゲームでした。
 客観的に見るとダメなのに嫌いになれない、そんな作品。

.

開発元 キャビア
発売日 2006/07/27
 
プレイ記録
難易度 Normalクリア

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress