自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2015 年 4 月 8 日

PS3/XBOX360 ドラゴンズドグマ

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 19:56:00

 オープンワールドっぽいアクションRPGです。
 ぱっと見にはオブリビオンやスカイリムに似てますが、これらの作品ほど自由度はなく、マップも小さめです。
 そのかわりアクション性が高くなっており、戦闘が非常におもしろいです。

 ダークアリズンというバージョンアップ版が出ています。これからプレイするならそちらがおすすめです。
 僕は続編だと思っていたので、先に無印をプレイしてしまった。
 大幅な値崩れを起こす前に買ったのが若干悔しい。

.
 無印でも充分おもしろいんですが、快適にプレイしたいのならダークアリズンにしましょう。

 賛否両論といったイメージはあるものの、アクション面の完成度は他のファンタジーARPGより頭二つ飛びぬけているという印象です。
 かなりおすすめの作品です。

.
●システム

 コンボアクションに近い操作です。弱攻撃、強攻撃、ジャンプが基本的な動作になります。
 L1やR1を押しながらジャンプ以外のボタンを押すと、あらかじめセットしておいたスキル(魔法や技)を使えます。
 魔法や技はスタミナを消費して発動します。

 AIで自動的に動く「ポーン」が本作の売りになっています。
 自由にキャラを設定できる「メインポーン」一人と、雇い入れて仲間にするサポートポーン二人、主人公をいれて合計四人で冒険します。
 メインポーンの情報はネット上にアップロードされ、これを他の人がサポートポーンとして雇う形になっています。
 しかしまぁ、どのポーンを雇ってもたいした違いはなく、自動生成のポーン(ネット接続しないと自動生成キャラが出てくる)でもじゅうぶん役に立つため、あまり意味ないような気もします。
 メインポーンは容姿のカスタマイズができるので、かっこいいキャラを作って自慢するみたいな感じが強いです。

.
●グラフィック

 静止画だとたいへんすばらしいです。
 しかし動くと粗が見えまくります。
 とにかくフレームレートが低いのがきつい。最初のチュートリアル的な場面で「こんなのがずっと続くのかよ……」とゲンナリしました。
 常時20fpsくらいしか出てないような。
 平均フレームレートの低さでは、PS3・XBOX360世代トップクラスではあるまいか。

 地形のデザインはよくできていて、起伏に跳んだマップはなかなかの景観です。
 そのぶん移動が面倒なのが困りますが。

.
●ストーリー

 最初のうちはストーリーらしいストーリーはないんですが、終盤になると意外な世界設定が明らかにされていきます。
 本作独自の世界観となっていて、大変すばらしいです。
 エンディングも衝撃的でした。僕は、主人公をウスノロ感溢れる寸胴ハゲ巨漢、ポーンを小柄だけど足が太くてたくましいポニーテール貧乳少女(下半身はパンツ&ロングブーツ)にしたので、最後で「うわー!」となりました。

.
●感想

 たいへんおもしろい傑作ではあるのですが、ストレスの溜まり方も相当なものです。
 とにかく歩かされます。
 街から街への高速移動手段やワープがなく、それどころか街もほとんどありません。
 プレイ時間の大半はひたすら歩いて移動という印象です。
 しかもマップが広いわけではなく、狭くて曲がりくねった道を何往復もする感じ……。
 こんなところにこんな洞窟が!という探索の楽しみも薄いです。

 一周目では、移動用ポータル設置アイテムがひとつだけ手に入ります。
 ただ、ポータルを使うためのアイテムが有料でけっこう高いです。
(ダークアリズンではこのあたりがだいぶ改良されているようです)

.
 フレームレートの低さはほんとがっかりでした。ボス戦などの激しいアクションにでは、何が起こってるのかわからないこともしばしば。
 グラフィックのレベルを下げてもいいからフレームレート上げてほしいんだけど、今のコンシューマゲーム界ではグラフィックの質を落とすのは問題外で、ゲーム性に支障をきたすとしても絵の美しさを追求し、広報に使える画像で釣る必要があるのだろう……。
 60フレームのPC版出してくれ……。

.
 マップ構造が一本道に近いのが非常に残念です。
 スタート地点の漁村とゲームの中心となる城を結ぶ道が一本あり、そこから何本かのルートが枝分かれしてるという構造です。
 ところどころ開けた空間もあるものの、それも基本的には幅広の一本道という形です。

.
 一人用のアクションものでありながら、うまい具合にパーティプレイを取り入れています。
 ただ上にも書いたとおりネットからダウンロードするポーンと自動生成されるポーンの有用性に違いがないため、ポーンアップロード機能に意味がないような気も……。
 まぁ、友人の作ったポーンと冒険できるのはおもしろそうです。友達のいない僕には関係ないですが。

.
 と、不満点は少なくないものの、ファンタジーアクションゲームとしてはものすごい完成度で相当おもしろいです。
 巨大ボスとの対決はほんとうにかっこよくて良くできてる。こういう部分は、日本のゲームはいまだに欧米の数段上をいってると思いますよ。
 とにかく戦闘が楽しくて、アクションRPGの戦闘の理想像という感じです。これにオブリビオンのシステムが合わさったらとんでもない究極ARPGができてしまうのではないか……。

 ダークアリズンではポータルアイテムも増え不満点がだいぶ解消されているようなので、本格ファンタジーが好きならプレイしておいて損はないと思います。

.

開発元 カプコン
発売日 2012/05/24
 
プレイ記録
プレイ時間 106:57
lv 97
合計金額 4789633G
リム 67069R
死亡 138
クエスト累計 222
掲示板クエスト 46
鼓動 257

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress