自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2015 年 4 月 15 日

XBOX360/PS3/PC ケインアンドリンチ デッドメン

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 20:23:34

 PS2の名作「フリーダムファイターズ」の製作元が作った部隊操作TPSです。
 しかしすごく普通というか、はっきり言ってしまうと並以下っぽい出来で泣けました。
 フリーダムファイターズはまぐれ当たりだったのかな……。

 しかしクソゲーというわけでもなく、面白いと思って遊べばけっこう面白いです。

.
●システム

 部隊操作型のTPSです。最大四人まで仲間が増えます。
 一般的なTPS操作に加え、XYBボタンで仲間に指示を出せます。
 十字キーの左右で指示を出すキャラを選択できます。
 照準で狙いをつけてXYBボタンを押すことで、集合、移動、攻撃を命令できます。
 普通にボタンを押すと選択中のキャラへの命令、長押しで全体に命令です。
 面によっては仲間キャラがさらに部下を持っていることもあります。

.
●グラフィック

 しょぼいです。

.
●ストーリー

 精神異常者のリンチと共に裏社会で暴れる話です。
 リンチが人質を殺したりする場面があってちょっと引いてしまう。
 リンチには無実の罪で投獄された(かもしれない)という設定があるんですが、「実はいいやつだった!」ということはないです。明らかに頭のおかしい悪党です。

 変な日本が出てくるので、そういうのが好きな人は見ておくといいかもしれません。見なくてもいいけど。

 ストーリーもエンディングも陰鬱です。
 二種類のマルチエンディングなんですが、両方とも嫌な終わりかたです。
 普通のゲームでこのエンディングだと不満大噴出なんですが、本作は相棒のリンチがクズすぎて感情移入を拒むゲームなので、これはこれでいいと言える。

 いろんな舞台があり、ゲーム展開はわりとがんばってるほうかも。

.
●感想

 人ごみの中で戦闘になることがありますが、一般人には弾が当たりません。日本向けの規制かも。

 今作では味方の数が四人までとなっている代わりに、味方に部下がつく形で集団戦を表現しています。
 しかしこの部下があまりにも弱くバタバタ死んでいくため、集団戦のおもしろさに繋がっていない……。
 ここはかなり残念な部分でした。

 何を求められているかわからなくて進めない場面が何度か出てきました。
 トラックのシーンはかなり困りましたよ……。
 ラストのエンディング分岐も悩みました。移動するだけなのに。

.
 後半になると、敵が遠方からめちゃくちゃな勢いで攻撃をかけてくる場面ばかりになり、かなりきついです。
 味方を前進させるとボコボコに撃たれて死ぬので、自分ひとりで進んでちまちま敵を倒していかねばならない。部隊操作型のゲームをやってるというのに。
 マップ構造も少しずつ前線を押し上げる正面突破型になってる感じで、もうちょっと部隊操作を楽しませる形にしてほしかった。
 まぁ「部隊操作」というコンセプト自体一人用FPS/TPSと相性悪いんだろうな。レインボーシックスも似た感じだった。
 この手のゲームの中では、アーミーオブツーはうまいことやったもんだよ。

.
 猛攻の中をひぃひぃ言いながらちまちま進むゲームと考えればけっこう遊べるので、ひぃひぃ言いたい人にはおすすめです。
 このきつさは今時珍しいかも。PS2時代のFPS/TPSのようです(割といい意味で)。発売が2007年末と割と古いので、昔のスタイルを引きずっているのでしょう。
 僕は文句を言いながらもけっこう楽しめました。
 遊んでるときには不満が出るけど、クリアして数日後振り返ってみると「実はけっこう良作じゃないか?」と思えるゲーム。

.

開発元 IO Interactive
発売日 2007/11/13
 
プレイ記録 Normalクリア

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress