自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2015 年 4 月 17 日

PC/XBOX360 Orcs must die!

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 22:58:18

 タワーディフェンスとTPSを合体させたようなゲームです。
 設置するのはタワーではなくトゲ床や火炎床などの罠になります。

 これは非常に面白いです。
 標準で完全日本語化、吹き替え音声つきですよ!

.
●システム

 マップの各所からゾロゾロ沸いて出る敵を、床や壁に配置した罠で撃退していきます。
 敵はプレイヤーの拠点を目指して侵攻してきます。

 主人公を動かし敵を直接攻撃することもできます。
 TPSのように射撃できるほか、近接攻撃などもあります。

 主人公もダメージを受けますが、拠点に戻れば一瞬で回復します。
 死んでも復活できます。

 規定数のWaveを耐え切ると次のステージに進めます。
 クリア評価に応じてドクロが取得でき、ドクロを消費してアップグレードや新しい罠をアンロックできます。
 このドクロは評価メダル的な扱いのため、同じステージを繰り返してプレイしてドクロを稼ぐことはできません。
 たくさんアップグレードしたければ完璧なプレイを目指す必要があります。

.
●感想

 タワーディフェンスが好きでTPS/FPSも好きなら買うしかないでしょう!
 ものすごく面白いです。

 かなりTPS寄りの作りになっていて、ドクロ5でクリアするには適切に罠を配置した上で忙しく動き回る必要があります。
 
.
 たいへん面白いゲームなのですが、アクション要素が強すぎるという印象も受けました。
 難しいステージでいろいろ試行錯誤し、「あぁ、ここで進路を塞いでこっちに罠を配置すればいいんだ!」と閃いても、実はその案は使えない。
 難しい面ほど進路塞ぎが通用しなくなっており、プレイヤーが忙しく動き回るしかないのでした。

 例えば侵入口が3つある場合、
・一ヶ所を完全に罠で塞ぎ、残りの二ヶ所を必死に往復する
・三ヶ所に罠を分散させ、罠を越えてきた敵は全部自分で処理する
 という感じです。

 三つのルートを束ねて一点集中で叩くといった攻略はできないことが多いです。

 とはいえ、ドクロ5クリアを目指さなければそれほど気合を入れなくても何とかなるでしょう。

.
 Nightmareは罠設置時の時間停止がありません。
 ますますアクション寄りになって攻略がきついのでプレイしませんでした。
 うまい人はドクロ5クリアをした上でコンボボーナスとかも狙っていくらしい……。

.
 気軽に遊べる小規模ゲームだけど、はまってしまうと超大作よりもプレイ時間が長くなるタイプのゲームです。
 一ステージが短めなだけに、クリアした後もいろいろ試したくなる。
 ライトゲーマーからアクションの鬼まで楽しめるタイプの作品だと思うので、皆さんも挑戦してみてはどうでしょうか!

.

開発元 Robot Entertainment
発売日 2011/10/05
 
プレイ記録 Warmage全ステージドクロ5クリア
プレイ時間 41時間

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress