自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2015 年 4 月 19 日

XBOX360 ヘイロー3

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 20:31:17

 マイクロソフトのハードを代表するFPSの三作目です。
 HALO1、HALO2のグラフィックを綺麗にした感じ、それだけで説明ができてしまいそうな作品です。

 とはいえ、HALOシリーズの代名詞ともいえる「延々と続くコピペマップ&それを往復」という苦行はなくなっており、ゲーム的にはシリーズで一番おすすめできます。

 HALOってどんな感じ?と思った人は、とりあえず本作をやってみるといいかもしれません。

.
●システム

 いわゆる「スポーツ系FPS」で、動作にけっこう癖があります。

 2をベースにしたシステムです。
 体力+シールド制で、両方とも自動回復します。
 しかし体力ゲージは表示されません。

 武器は二種類携帯でき、さらに両手持ちも可能で、最大で三種類持ち運べます。
 実弾系武器とエネルギー武器があります。効果や特性が違うので上手に使い分けましょう。
 武器は大量に落ちています。
 特定の武器にこだわったり無理に温存するよりも、状況に応じて次々と交換していくのを推奨されているように感じます。

.
 次の目的地への方向指示が出ず、逆走してしまう場面が何箇所かありました。
 正確には、方向指示機能はあるものの目的地のそばにならないと働きません。それでは意味がないだろう……。

.
 HDDにインストールすると読み込み遅くなるといわれていますが、キャンペーンモードでは関係ないそうです。

.
●ストーリー

 何が起きているかはわかるけど、何でこうなってるのかわからない、という場面が目立ちました。
 過去作のストーリーをしっかり理解してないときついかもしれません。
 各場面の冒頭で現在の目的を明確にしてほしかったです。(ミッション目標という意味ではなく、ストーリー的な説明を入れてほしかった)

 あと、あからさまに裏切りそうな相手に対し何の対策も講じず、結局裏切られたりするのが気になりました。
「なんと! 味方だと思っていたのに裏切られた! 驚きの展開!」みたいに演出したかったんだろうか。
 こういう話のパターンを海外のゲームでよく見るけど、なんでなんだろうな。
 推理小説の「マヌケなワトスン役」みたいに、作劇法として確立されてるのかな……。

.
●感想

 シリーズ三作中ではゲーム的にはいちばん楽しめました。
 SFストーリーとしては1、キャラを中心にしたドラマとしては2がよかったです。

 コピペマップの往復が無くなったのはかなり印象いいです。
 ようやくまともになったとも言える。

.
 正直言うと僕は「HALOはもういいや……」という感じなんですが、ODSTとReachも買ってあるのだった。

.

開発元 Bungie
発売日 2007/09/25
 
プレイ記録 Normalクリア

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress