自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2015 年 4 月 28 日

XBOX360/PS3/WiiU/PC バイオハザードリベレーションズ アンベールドエディション

Filed under: 商業ゲーム — タグ: , , — 坂葉 @ 18:02:18

 TPSとなったバイオハザードです。

「バイオハザードはもういいよ」という感じだったのですが、いちおう現在のゲーム界を代表とするシリーズでもあるので「とりあえずチェックしとくかぁ!」という気分でプレイしました。
 そしたらものすごくおもしろくてたまげました。
 やればできるじゃん……。
 しかも国内開発ですよ。海外製かと思ってた。

 TPS要素が強いためアクションが苦手な人にはきつそうなものの、アクション要素を求める人にはおすすめできます。

.
●システム

 構えて撃つタイプのTPSです。部位ダメージ(弱点)もあり、これはデッドスペースを思い出さずにはいられない。ただ部位破壊はありません。パクリと呼ばれるのを心配したのでしょうか。
 敵の固さや部位ダメージの重要さから生まれるゲーム性など、プレイ感も似ています。
 怪物+部位破壊のようなゲームを盛り上げる要素は、パクリとか気にせずにどんどん取り入れてほしいものです。特許とかあるんだろうか。

 パズル要素は大きく減少し、戦闘重視のゲームになっています。これは英断でしょう。

 ほぼ全編にわたって二人一組で行動します。
 Coop対応なのかと思ったんですが、違うようです。雰囲気作りのためのコンビ行動らしい。
 常に一人のほうが恐怖感が出たんじゃないかと思います。

 今時のゲームにしては使うボタンが少なめで操作もシンプルです。
 めずらしいなと思ったら、実は元々は3DSのゲームなのでした。
 据え置き用のゲームだと思ってました。3DSでここまでできるとは驚きですよ……。

.
●グラフィック

 豪華客船が舞台となっています。
 綺麗な館、居住区、機関部などいろいろな場面を違和感なく使えるので、なかなかうまい選択だと思いました。

 敵は海産物系のクリーチャーです。
 デザイン的にはさほど奇抜でもなくほどほどという感じでしょうか。

.
●ストーリー

 本作ではゾンビ(BOW)の存在が大々的に世界に知れ渡っています。
 そのため、設定上の恐怖感は完全になくなりました。テロの兵器になってしまった。エボラ出血熱レベルの恐怖というか。
 公のBOW対策組織があり凄腕の戦士が集っていたりして、なんだかメタルギアみたいな雰囲気です。

 キャラの個性がしっかりしており、先が気になるような陰謀や謎も出てきて、テロ対策のバトルものとしてはいい感じのストーリーです。
 やっぱ国産ゲームはいいなぁと思わせてくれる。

 各ステージは章単位で細かく区切られており、ゲーム再開時にはドラマのように前回のあらすじが流れます。
 連続でプレイしていると若干鬱陶しい気がしないでもないけど、数日振りにプレイするときなどは便利だと思いました。
 連続プレイの場合でもストーリーの把握がしやすくていいかも。
 これは他のゲームでも取り入れると良さそうです。

.
●感想

 本編の面白さは、まぁそこそこといった感じです。(とはいえTPSとしての出来は同ジャンルの他作品より頭一つとびぬけていると思います)
 全体的にみると4には劣るものの操作性のよさで肉薄しているという印象でした。

 しかし、おまけモードである「RAIDモード」がものすごくおもしろかったです。
 本編の一定区間を切り出してスコアアタックするモードです。
 僕は基本的にこの手の水増し感のあるおまけはほとんどやらないのですが、本作ははまりました。
 成長要素があり、キャラが強くなったり武器がパワーアップしたりします。
 最初は苦戦したステージもやればやるほど簡単になります。
 レベルを上げて物理で殴るのが好きな僕は、延々とプレイを繰り返してしまうのでした。
 倒した敵の数やクリアタイムで評価があがるため、慣れてくると華麗なプレイでクリアして悦に浸ることもできます。

 DARK、DEEP、ABYSSの三種類の難易度があります。
 全部クリアしたかったのですが、いろいろと忙しかったのでDEEPをクリアしてABYSSを少しプレイしたところで終了しました。

.
 本作は構えながら移動できるものの、基本的には足を止めてしっかり狙いながら弾を撃ち込み、近づかれたら走って逃げて間合いを取るといったスタイルになります。
 敵が非常に固く、逃げ回りながら攻撃するというところにゾンビホラー感が出ています。
 部位ダメージもそれっぽい雰囲気を出していていいです。でもやっぱり部位破壊がほしかった。

.
 これは名作です。今後のバイオハザードは全部これをベースにしてほしいと思いました。
 RAIDモードがよくできているので、普段おまけモードは遊ばない人にもチャレンジしてほしいです。
 もう旧作全部このシステムでリメイクしてほしい。4をこのシステムにしたら、ただでさえ傑作なのにとてつもない傑作になってしまうのではないか。

.

開発元 トーセ
発売日 2012/01/26 3DS
2013/05/23 XBOX360/PS3/WiiU/PC
 
プレイ記録
Normal 評価 A
Accuracy 85% A
Death 31 A
Clear Time 10:07:20
 
RAid Abyss3面までクリア
プレイ時間 42:01:13
LV 38

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress