自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2015 年 5 月 1 日

PS2 鉄人28号

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 19:11:16

 サンドロットお得意のリモコン操縦ロボットものです。
 しかも題材がリモコンロボの代表とでも言うべき鉄人28号ですよ。

 前作ギガンティックドライブよりも操作が大幅に簡略化され、気軽に遊べるようになっています。

.
●システム

 主人公と鉄人を別々に動かすことになります。
 まず主人公を安全で見晴らしのいいところに移動させ、それからリモコンで鉄人を操作します。
 主人公視点でのプレイとなるため敵と鉄人の位置関係によって戦いにくくなったりもしますが、それが本作の味でもあります。
 戦場に接近しすぎると主人公も戦闘に巻き込まれてダメージを受けるので注意しましょう。

 □・○で左右のパンチ、×で掴み、R1で空を飛びます。

 掴みでは建物を引っこ抜いて振り回したり投げつけたりできます。
 正義のロボットではないのか……。

 △で溜め必殺技です。
 これをどう当てていくかが戦闘の軸になります。

.
 ポイントを溜めてパワーアップや技の強化ができます。

.
 難度や攻略度のシステムは地球防衛軍と同じです。

.
●グラフィック

 すごくサンドロットな感じです。
 地球を防衛したくなるような町並みを、巨大ロボットが壊しまくります。

 キャラ絵は現代風に描き直されてはおらず古臭い絵柄のままで、これがまた雰囲気を盛り上げてくれます。

.
●ストーリー

 原作は見たことないんですが、たぶん原作もこんな感じなんだろうなぁと思わせる内容でした。
 悪の秘密結社が悪のロボットを次々と送り込んでくるというものです。
 新開発のロボットを奪われたり真の巨悪が出てきたりと、それっぽい物語展開です。

.
●感想

 ゲーム的にはギガンティックドライブよりも遊びやすくなったものの、そのぶん物足りないと思いました。
 良くも悪くも普通のアクションゲームっぽく操作できてしまうため、鈍重な動きを鬱陶しく感じてしまいます。
 ただ、ギガンティックドライブは癖が強すぎるため、一般的にはこちらのほうが好まれそう。
 原作のファンにはかなりおすすめできそうです。

.

開発元 サンドロット
発売日 2004/07/01
 
プレイ記録 Normalクリア

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress