自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2015 年 8 月 17 日

スティーヴン・バクスター「タイムシップ」

Filed under: 書籍 — タグ: — 坂葉 @ 22:29:46

 H.G.ウェルズ「タイムマシン」の公式続編という触れ込みで登場したハードSFです。

 ※誤解してる人が多いので一応書いておくと、「ハードSF」というのは重厚な設定のSFとかミリタリー感のあるSFという意味ではなく、現実の科学をベースにした(重視した)SFのことです。
 例えば、軌道エレベータの出てくる作品は普通のSFで、軌道エレベータを作る作品はハードSFという感じ。

 バクスターの世界観とタイムマシンの世界観はまさにぴったりという感じなので、これは期待の持てる作品です。
 もともとバクスターはものすごいウェルズファンだそうで、彼の作風と合うのは当然ともいえる。

 主人公はタイムマシンに出てきた「時間旅行者」で、物語はタイムマシンのラストからそのまま続きます。

 バクスターの作品というと、特異な世界設定に難解な物理学用語が乱舞し、何千年何万年が一ページで過ぎ去ったりと全く初心者向けではないんですが、本作はハードSF的な難解さは控えめで、わりと普通の冒険小説っぽく読めます。
 バクスター入門用に最適ではないでしょうか。
 まぁ終盤は例によってめちゃくちゃになるんですが。

「タイムマシン」での主人公の相棒はエロイ族のかわいらしい(?)少女でした。しかし本作では不気味でキモいモーロック人です。
さすがバクスター……。
 相棒はキモい地底人ではあるものの、非人間的な知的生物とのコンビものが好きな人は楽しめると思います。
 漫画「寄生獣」みたいな関係といいましょうか。
 わざとらしく「異種族との友情!」みたいにならないところがいい。
 相棒はあくまでも非人間的なんですが、知識とか生存の関わる問題では素直に主人公を助けてくれます。

.
 本作は大きく分けて
・モーロック篇
・第二次大戦篇
・暁新世篇
・超未来篇
 となっています。

 SF的にはモーロック篇が飛びぬけておもしろいのではないでしょうか。
 いきなりダイソン球とか出てきて、SFマニアなら興奮のあまりいろんな体液がダラダラ流れること必至ですよ。
 しかし正直言うと、ここが強烈過ぎて、残りが蛇足的に感じるような気も。
 あと最初から大技を出しすぎてウェルズの「タイムマシン」から入った一般読者にはつらいかもしれません。
 SFを読み始めたばかりの人もついてこれないかも……。

 第二次大戦篇は戦時下のイギリスを右往左往する、アクション要素高めの展開になっています。
 ゲーデルとか出てきてわくわくするんですが、もうちょい活躍させてほしかったです。
 この時代の物理学者をバンバン出して対話させてほしかった。

 暁新世(恐竜が絶滅し哺乳類の時代が始まったころ)篇は、6000万年ほど前の時代でサバイバルする展開です。
 僕はこういうのがものすごく好きです。古代世界でのサバイバルとか原人の生活描写はとんでもなくわくわくする……。
 ただ、バクスターは古生物関係にはあまり興味ないのか、その手の薀蓄が少なくて少々残念でした。

 超未来篇はまさにバクスターといった感じのすごい展開になります。
 しかし正直言うと、超科学が出てきてしまうとSFというよりファンタジーになってしまうので、僕はあまり好きではないのだった。
 やはり、宇宙の驚異を目撃するには一般的な人間としての視点(肉体・精神)が重要だと思うのですよ。
 こういった点ではポールアンダースン「タウゼロ」はほんと名作でした。

.
 バクスターの作品で特徴的なのは、「知性体の存在目的は、情報を収集し分析分類して保存すること」という考えが目立つところだと思います。
 僕も昔から似たようなことを考えていたためか、彼の作品はすごく肌に合います。

 歴史を編纂したり日記残したりするのは、まさに生物の本能だと思うわけです。
 観光地でモニュメントに名前掘り込むいたずらが後を絶たないのも、情報記録欲求のなせる業ではあるまいか。
 自分に関する情報を永続させたいからこうするのです。
 生物の進化からして、生存に有利になるよう核に情報を溜め込むことが元になっているわけです。人間に情報収集癖が備わってるのも無理はない。

.
 本作はある程度SFのお約束知識を必要とするものの、作者の他作品よりははるかに読みやすくなっています。
 入門用ハードSFとしても適しているのではないでしょうか。
 初っ端のモーロック篇がけっこうハードですが、そこを越えれば奇妙な相棒との冒険アクション小説になります。
 おすすめの一作です。
 そして本作を楽しんだ後は、人類史に残すべき傑作SF「時間的無限大」も読んでみると良さそうですよ!

コメントはまだありません »

まだコメントはありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress