自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2015 年 9 月 23 日

G.K.チェスタトン「木曜の男」

Filed under: 書籍 — タグ: , — 坂葉 @ 18:41:08

 不気味な雰囲気のスリラー小説です。と思いきや終盤でドタバタコメディのような奇妙な展開になります。
 大量の逆説で構成された変な話とでもいいましょうか。

 主人公である「詩人」が、無政府主義者(左翼系テロリストのような感じ)の秘密組織に乗り込み、幹部である「木曜日」になりすまして組織の陰謀を暴き爆弾テロを阻止するという話です。あらすじ的にはそういう話です。
 基本的にはスパイもののような雰囲気です。知恵の回る若者が闇に紛れて悪を討つノワール活劇が好きな人は楽しめるかもしれない。

.
 会話にも話の展開にも逆説が盛り込まれてます。
「正体を隠すために正体を隠さずにいる」「泥棒は財産というものを尊重しているからこそ財産を盗む」「異常な反逆者に囲まれて育ったから、それに反逆して正常になった」みたいな屁理屈がページをめくるたびに飛び出します。
 この読書感は阿部公房の不条理小説に通じるものがある。

.
 一般的な推理小説で言うところの「仕掛け」的な部分はすぐに見当がついてしまうため、ネットの感想では「トリックはすぐわかった!」みたいな意見がちらほら見られます。しかし本作は推理小説・トリック小説ではない……。この作品のキモはそれらが逆説として構成されているところでしょう。
 そしてそれが本作の奇妙な雰囲気を形作っているといえます。

.
 一番最後のオチの部分は「えー!? それは何?」という感じで、寓話的・風刺的になっています。
 物語自体も、ちゃんと理解するにはキリスト教の知識が必要なのではないか。
 当時の時代背景なども考慮する必要がありそうです。
 詳細な解説がほしいと思いました。

 しかし作者が本当に書きたかったものは、妙ちきりんな逆説で読者を煙に巻くことだけだったような気がしないでもない。

.
 訳は非常に読みにくいです。直訳感あふれる古めの文体です。これでひねくれた逆説を大量に読まされるのは相当きついですよ……。
 訳者は吉田茂の息子だそうです。名訳者とされているようですが、文学の心を持たない僕には正直きつい……。

 新訳版もあるなので、これから読むならそちらのほうがいいのかもしれない。

.
 難解な訳文を我慢すれば、珍妙な娯楽小説として楽しめます。
 でもやっぱり詳しい解説がほしいなぁと思う作品でした。

2件のコメント »

  1. DOOMですか懐かしいですね、むかしのidはquakeにしてもウルフェンシュタインにしてもよく出来たゲームを作ってましたよね、最近はあんまりパッとしない感じでしたが最新作のウルフェンシュタインは中々評判もいいようで安くなったら買ってやってみたいですね。
    年齢が高くなる程FPS系は体がついていかなくなってきているので最近はプレイするのが少しつらくもあるのですが・・・。

    コメント by tintin — 2015 年 10 月 22 日 @ 23:54:01

  2.  シングルでいえば最近のFPSのほうが簡単かもしれません。
     よくも悪くも演出重視で、遊ぶ部分が少なく難易度も下がっています。

    コメント by 坂葉 — 2015 年 12 月 5 日 @ 19:11:36

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress