自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2016 年 4 月 1 日

Iron Fire [ Thunderstorm ] (輸入版)

Filed under: 音楽 — タグ: — 坂葉 @ 23:01:25

 デンマークのケルトバイキングメタルバンドの1stです。
 ジャケットにも曲名にも戦士臭が漂いまくっています。
 2000年発売。

 発売当時「Until the end」がサンプル公開されており、これがものすごくかっこよくて聴きまくっていました。
 日本盤は発売されず、当時の自分には輸入盤を買うのは敷居が高かったため、ずっと買わずじまいでした。
(まだネット通販がそれほど普及しておらず、輸入盤ショップも自宅から遠く頻繁には通えませんでした。)

 そして発売から十三年、amazonで安く売ってるのを見つけ購入してみたところ、これがものすごい名盤でたまげました。
 他のバンドを引き合いに出して例えるなら、ランニングワイルド+キスク期のハロウィンといった印象です。
 もう少し若いバンドで言うとストームウォリアーをメロスピ寄りにしたような感じです。キャリア的には同じくらいなのか。
 要所要所に雄々しいクワイアが入って、戦士メタルのファンも大満足でしょう。
 九十年代ジャーマンメタルオタクなら涙と小便だだ漏れにしながらむせび泣くような作品ですよ。
 疾走パートのある曲が多く、特に後ろ五曲中四曲が、コーラスで猛烈に疾走するキラーチューンですよ。メロスピ厨悶涙必至。
 なぜこれが日本盤出なかったんだ……。当時輸入盤ということで見送っていた僕はほんと愚か者ですよ。買って大プッシュしまくるべきだった。(2000年ごろのネットはメタルに限らず盛り上がりの中心となる場があったので、個人の大プッシュがそれなりの影響力を持つ時代だったのです)
 3rdを発売時に購入し、その後のアルバムは出るたびに買ってたんですが、なぜこの名盤を後回しにしてたんだろうな……。

 デジパック版には、ボーナストラックとしてランニングワイルドのアンダージョリーロジャーが収録されているそうです。

.
 デビューアルバムにしてはサウンドもいいです。
 調べてみたところ、ハロウィンのアルバムの数々を手がけたトミー・ハンセンがプロデュースしていました。アレンジやキーボードも担当しているようです。
 なんで新人バンドにこんな大物がつくんだと思いもう少し調べてみました。
 トミー・ハンセン自身がデンマーク人らしく、その関係なのかもしれません。(国がさほど大きくないせいか、デンマークのメタルバンドはけっこう人脈が繋がってたりします)

.
 ケルト・ヴァイキング風のリフやメロディが、軽快なリズムに乗って疾走するという曲調です。
 明るくキャッチーな曲ばかりで、メロディも耳に残りやすい。
 かなり歌メロ重視のバンドだと思います。

 ただ、ヴォーカルのスティーンさんの声にかなり癖があります。
 僕は大好きなんですが、苦手な人もいるかも。

 デビューが早すぎてバイキングメタルのブームに乗れなかった感じがある……。

.
 現在までに七枚アルバムを出しています。
 どのアルバムも僕は好きなのですが、入門用ならこの1stを推します。
 疾走曲が多く、メロスピ・パワーメタルのファンにはいちばんとっつきやすいと思います。

 日本における知名度の低さが不思議なバンドです。
 ほんとおすすめなので、みんなも買うんだ。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress