自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2017 年 3 月 27 日

PC Stronghold Crusader Extreme

Filed under: ゲーム — タグ: , — 坂葉 @ 17:39:21

stronghold_ex_01

 ストロングホールドクルセイダーのバージョンアップ版です。
 主な変更点は、兵の最大数の上限アップ、魔法攻撃、無限沸き兵舎です。
 ユニット上限アップにより何千という兵士が画面を埋め尽くすことになり、えらいことになってます。(敵味方合計10000らしい)
 ゲーム性が変わりものすごく大味ともいえるゲームになりました。しかしこれはこれでバランスが取れていて楽しめます。
 僕としては攻撃魔法の存在が余計と思いましたが、個人個人で封印プレイして楽しめばいいことなので、問題点とは言えないでしょう。
 本作もまた大傑作と言わねばなるまい……。
 クルセイダーをクリアしたらぜひこちにも挑戦してほしいです。

 そしてシリーズ未プレイの方にはぜひ前作からやってみてほしいです。
 僕の人生トップ5に入る大傑作ですよ……。

.
●システム

 時間と共に溜まる魔力ゲージがつきました。
 使える能力は、範囲攻撃、兵の生成、兵の回復、金生成です。
 画面左上のアイコンをクリックすることにより魔法を使用できます。
 兵の生成は拠点のそばのみです。

.
 無限沸き兵舎が登場します。
 破壊しない限り延々と兵が沸いてきます。
 これをいかに潰すかが本作のゲーム性の肝になっています。

 プレイヤー側にも無限沸き兵舎があり、放っておくと槍兵のとんでもない大群ができたりします。

.
●感想

 すごく変なゲームになりました。
 しかしこれはこれでおもしろい。

.
 前作では中盤以降は敵がほとんど攻めてこなくなり、せっかく強固な城を築いたのにその力を発揮できず物足りないという部分がありました。
 しかし本作では、敵が行列を作って延々と攻めてきます。
 それを石弓兵満載の塔でなぎ倒していくわけです。なかなかの爽快感です。

 一方、敵の攻撃が途切れないため、こちらから攻め込むのが難しくなってしまいました。
 敵が槍兵でこちらが剣兵騎兵だとしても、大量に来ると前進できなくなってしまうわけです。

 そこで登場するのが攻撃魔法。岩の雨です。
 これを使って無限沸き兵舎を壊していきます。

.
 つまり本作は、敵の行列を止める防衛線を作り、攻撃に耐えながら魔力をためて無限沸き兵舎をつぶしていくゲームなのです。
 言わば凝ったタワーディフェンス。
 なんとも大味なゲームになりました。

 難所を遠隔魔法でねじふせていくというのは、なんかチートを使っているような釈然としないものがある……。
 これはやっぱり変だと思い、岩の雨を封印して二周目をプレイしました。
 面によってはかなり作業的な攻城になりますが、ゲーム的にはこのほうがおもしろい気がします。
 しかし、最後の二面だけはどうがんばっても無理でした。

 塔に大量の兵を載せる技(通称ガトリングタワー)を使えばクリアできるらしいぞ……。
 さすがに完全な正攻法では魔法封印クリアは無理なのか。
 普通にプレイしていてもガトリングタワーになりがちなので、正攻法にこだわること自体が難しいという面もある……。

.
 見た目的にもゲーム的にもかなりゲテモノ感が出ています。
 好みは分かれそうなものの、防衛ゲームとしては相当のおもしろさです。
 前作をプレイして楽しめた方は、ぜひ本作もプレイしてみてください。

 今度は魔法完全封印でやってみようかな……。

.

開発元 Firefly Studios
発売日 2008/05/27
 
プレイ記録
プレイ時間 104h

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress