自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2009 年 5 月 1 日

PS2 Kunoichi その8

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 22:11:55

●13面
 ボスとの一騎討ちです。
 前作とは違いボス戦がひとつの面として独立してるので、途中で電源を切っても安心です。前作ではステージ8-Bのラストにボスがいるという構成だったため、電源を切るとまた超難度の8-B最初からという情け容赦ない仕様でした。
 敵は装甲をまとっているため、まず蹴りで剥がす必要があります。
 その後攻撃するわけですが……ちっともダメージを与えられない上に反撃がすさまじい。
 時間が経つと装甲も復活します。
 ザコは出ません。いかにもこの後に本気モードが控えていますよという感じです。

 敵の攻撃方法は4つあります。
・微妙にホーミングする手裏剣
 適当に走り回って避ける。
・連続斬り
 適当にダッシュして避ける。最後の攻撃のあとの硬直時間が長いので、その隙に外周の柱を壊して回復を取ったり巻物を集めたりする。
・衝撃が地面を走ってくる攻撃
 少し空中に浮いてから技を出してくる。当たるとかなり痛いので要注意。このとき後ろから蹴ると一歩踏み込んだときにダメージを受ける場合がある。
・ダメージ空間を作る攻撃
 床が光るのですぐにそのエリアから移動する。実は、逃げ切れずダメージを受けた場合はそのままじっとしていれば無敵。脱出しようと動き回るとボコボコくらう。
 装甲を剥がすとチャクラが出るのでそれを溜めて分身攻撃すればそれなりにダメージを与えられるものの、それでは時間がめちゃくちゃかかります。
 しかも、おそらく3回は分身攻撃が必要です。
 めんどくさくてあんまりやりたくないのでこれは最後の手段とすることにします。

.
 しばらく戦ってみたもののどうしようもないので結局攻略サイトを見てしまいました。
 ちまちま装甲を剥がしながらチャクラをため分身で攻撃するそうです。
 結局最後の手段頼りか……。

.
 装甲があるときは、ダッシュで敵に近づき蹴りまくればいいです。
 装甲が剥がれたらしばらく逃げ回ります。
 分身攻撃を二回当てるとボスの体力ゲージがゼロになり、攻撃パターンがかわります。
 そして敵も分身(というかザコ)を放つようになります。つまりこの分身を倒して殺陣を決めろということです。
 しかし分身はすぐに消えてしまいその後回避不能な攻撃を出してくるため、前段階のように粘ってチャクラを溜めるという戦法が取れません。
 ここでやられるとまた最初からです。第一段階では効率よく戦っても4分以上かかるわけですよ。
 なのでまたもや攻略サイトを見てしまいます。
 分身が来たら雷神使って無敵になりその間に殺陣だそうです。
 しかしですね、雷神を使って殺陣を決めようにも分身はすぐに消えてしまうのですよ。がんばっても三体倒すのがやっとです。
 とはいえ敵三体+分身でもそれなりに減らせるので、何度かプレイしてなんとか倒すことができました。
 いまいち迫力のない戦いだったのでこの後に真のボスとか出るのかと思いましたが、それもありませんでした。
 リトライ40回です。
 まぁ前作の蛾やヒルコよりははるかに楽なラスボス戦でした。
 エンディングで師匠関係のストーリーが明かされるのかと思ったけど、そういうのは全然ありませんでした。
 結局なぜ師匠と訣別したのかとかなぜshinobi機関のために働いているのかとかはわからずじまいでした。
 今に至るまで続編等は出ておらず考察サイトもないのですべては謎のまま……。

.
 クリアタイムは8:47:24です。
 リトライ時間が含まれているものの1ステージ59:59:99以上はカウントしないようです。
 6、7、10、11、12、13面でクリアタイムがカンストしていました。実質12~13時間はかかってるのかな。
 こうしてkunoichiをクリアすることができたのでした。
 まぁ、いろいろと惜しいところはあるものの、惜しいところが山ほどあるものの、クリアしてみればなかなかいいゲームだったと思いますよ。
 次はEASYをプレイして、まとめがてらEASYの攻略記事でも書いてみようと思います。
その7 
参考になったらクリック!!

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress