自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2010 年 6 月 24 日

PS2 ジャック×ダクスター 旧世界の遺産

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 19:39:07


 コミカルなキャラが冒険するファミリー向けアクションゲームです。
 マリオだとかソニックだとかに近い印象です。
 なかよし二人組みのジャックとダクスターは冒険家を目指しており、ゲーム冒頭の事件でダクスターがイタチになってしまいます。ダクスターを元の姿に戻すのがゲームの目的です。
 主人公のジャックは基本的に喋らず、お調子者のダクスターがいろいろと説明してくれます。
 小さい子供でも遊べる低難度ゲーム……に見えてけっこう難しいです。僕はレース系のゲームが苦手なので、その手のミッションはかなり苦戦しました。
 近頃「アンチャーテッド」で話題のノーティドッグによる作品です。

.
●システム
 ジャンプ、ダッシュパンチ、回転キックでマップ上を走り回りアイテムを収集していきます。
 各エリアには「パワーセル」「オーブ」「偵察バエ」が隠されていて、パワーセルを規定数集めるとエリアクリアになります。
 エリアごとのアイテムの総数はメニュー画面で確認できるため収集もしやすいです。
 最終エリアをクリアすることで通常エンディングとなり、全オーブを集めると真のエンディングとなります。
 ボタンを組み合わせることで「コンボアクション」が可能です。とはいえコンボアクションと名づけるほどたいしたものではないという気も。
 特定のアイテムを取ることで、移動速度が速くなるなど能力が一時的に強化されたりします。制限時間内にアイテムを食いつないでルートを抜けるなど、ちょっとしたパズル的要素になっています。
 3ミスまたは穴への落下でゲームオーバーですが、チェックポイントからすぐに再開されます。いちいちゲームオーバー画面が出ないのはありがたいです。
 ロードもほとんどなく操作性もよいため非常に快適なプレイ感です。

.
●グラフィック
 ファミリー向けゲームとしてはいい感じです。
 マップがシームレスに繋がっているうえかなりの遠景まで表示されるので、広くて楽しげな世界観が強調されています。
 海外ゲームとしてはヒロインがなかなか可愛らしく作ってあります。
 ただ主人公がどうにもダサくて、しかもパッケージにも微妙なグラフィックでデカデカと載っているため購入意欲を思い切り減衰させてくれます。日本で売るために日本向けパッケージにしたそうだけど、ほんとにこれで売れると思ったんだろうか。ローカライズ担当者の美意識が疑われる。

.
●ストーリー
 デコボココンビの珍道中としてはいい感じです。
 脇役も珍妙なデザインと性格でインパクトあります。しかし脇役は本当にただの脇役で、イベントごとの使い捨てなのが惜しいです。みんなしっかりとキャラが立っているのに使い捨てなのは惜しい。あまりにももったいない。

.
●問題点
 レース面と最終エリアが非常に難しいです。ある程度アクションゲームの腕がないとクリアできないかもしれません。それなのに皆難度が低いと言う……。
 アイテム収集は楽しいものの、ほんとうにただ集めるだけです。キャラの能力が上がるとかは一切ありません。ゲーム進行に合わせアクションが増えていくと勝手に思い込んでいたので、これはガッカリでした。いやまぁ思い込んでた自分が悪いんだけど。
 アイテムも簡単に集まってしまいます。苦労するのはボルカノ噴火口のやつだけでしょうか。
 レース面は何度も楽しめます。しかしいちいちレース場まで移動しなければならないのがめんどうです。
 一周目を遊んでる間はおもしろくて熱中するものの、二周目のプレイをする気にはなりませんでした。
 用意された要素をコンプリートしたら他にやることがなく、丁寧に作ってあるけど奥が浅いという印象です。

.
●感想
 僕はこういう軽いノリのファミリー向けゲームは好きじゃないんですが、続編のJAK2がダークでシリアスな箱庭ゲームになっているということで興味を持ち購入してみました。
 雰囲気は好きではないもののゲームとしては楽しめました。
 いろんなマップを走り回って、妙なところに隠されているアイテムを、工夫しつつ集めるのが好きな人にはおすすめです。
 続編ジャック×ダクスター2(JAK II)

.
●まとめ
 開発元 ノーティドッグ
 発売日 2001/12/20
 プレイ記録 「パワーセル」「オーブ」「偵察バエ」全て取得。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress