自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2011 年 12 月 3 日

PS2 シャドウオブメモリーズ

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 19:37:15

 何者かにいきなり殺された主人公が、謎の人物の怪能力で死ぬ数分~数時間前に戻り、殺される原因を取りのぞくという話です。
 何度死を回避しても別の方法で命を狙われ続るため、過去へのタイムトラベルを行い真相を探っていきます。
 映画「SAW」などのようなソリッドシチュエーションスリラーかと思ってましたが、意外にも愛憎溢れるストーリーでした。
 システムなどにいろいろと問題があるものの、ストーリーはおもしろいです。
 まぁ一度クリアしてからは攻略サイトに頼って全エンディングを見たんだけど……。

.
●システム
 フルポリゴンで構成された街を歩き回りイベントをこなしていきます。
 アクション要素はありません。
 ゲーム中には常に時間が流れており、イベントや会話シーンでも終了時に既定の時間が加算されます。
 制限時間が来ると何者かに殺されてしまうので、それまでにあちこち探索して死を回避する方法を見つけ出します。
 もし殺されてしまってもゲームオーバーにはなりませんが、過去の世界にいた場合にはゲームオーバーになります。
 現代にはいつでも戻れるので、実質ゲームオーバーはない……と言いたいところですが、制限時間間際に長めのイベントがはじまったりすると、イベント終了と共にゲームオーバーになってしまうので注意が必要です。

.
●グラフィック
 街のモデリングは見事です。
 しかしPS2初期の作品のせいか光の表現がいまいちなのでチープな印象になっています。
 キャラの顔も、リアル調とアニメ調の中間でキモい感じです。

.
●ストーリー
 タイムパラドックスをネタにした物語になっています。
 SF的・哲学的なややこしい考察はなく、「過去でこうしたら現代がこうなってた!」程度の軽めの内容です。
 500年前の人たちの前でライターを使い一同驚愕というシーンがあるんですが、原始人でもあるまいに火くらいでは驚かないだろう……。
 他にもいろいろと突っ込みどころがあるけど、まぁ一般向け娯楽作品ならばこれもアリだろう。

.
●感想
 移動するときにマップに引っかかりやすかったり全体的に操作性がいまいちだったりと、ゲーム的には惜しい出来です。
 マップの移動範囲制限に野良犬が使われているのはシュールな感じでした。犬が通せんぼしていて道を通れないのですよ。しかも町中あちこちで犬が通せんぼしている。
 ストーリーは、突っ込みどころが目立つもののおもしろいです。
 終盤では意外な展開が待っています。
 正直言ってゲーム的にはあんまりおもしろくないと思うので、攻略サイト見ながらプレイするのもいいかもしれません。

開発元 コナミ
発売日 2001/02/22

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress