自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2012 年 3 月 8 日

PS2 ドラゴンクエスト8

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 21:27:00


 実は僕は、ドラクエシリーズは3しかクリアしたことがないのでした。
 1も少しやったけど、序盤をちょろっと覗いたという程度です。
 他の作品は画面を見たこともないのでした……。
 3は好きだったんだけど、ドラクエシリーズは雰囲気が子供っぽく、鳥山明の絵が苦手というのもあったので積極的にプレイする気が起きませんでした。
 しかし日本男児たるもの「国民的RPG」はプレイしておかねばならないだろう。
 そんなわけで、二十何年ぶりにドラクエをプレイするのでした。

.
●システム
 驚くほどドラクエでした。ここまでドラクエでいいのだろうかと思いました。
 しかしまぁ、普段ゲームをしない人にはこれくらいがちょうどいいのかもしれません。
 二十年以上を経てほとんど変わっていない画面と操作感というのもすごい。
 仲間キャラが固定のため、ドラクエ3のような戦闘の自由度はないです。
 各キャラの習得スキルによって使用武器や特技・魔法が変わるため、これでプレイヤーごとの個性を出していく方針のようです。
 まぁ今時のストーリー重視のRPGは、あまりパーティ編成の自由度は高くないほうがいいのかもしれない。

.
●グラフィック
 フルポリゴンです。
 しかしドラクエ。まさにドラクエという画面でした。
 原色感溢れる色使いが、このドラクエ感を出しているのだろうと思いました。
 キャラはトゥーンレンダリングされており、鳥山明のキャラが動いています。しかし僕は前述の通り鳥山明の絵柄が苦手なため、あまり嬉しくないのだった……。
 キャラのモーションは手でつけてるっぽいですが、違和感はないです。さすが超大作。

.
●ストーリー
 中盤に少しびっくりする展開があるものの全体的にあっさりしています。
 仲間が固定されているのに仲間の見せ場となるイベントがほとんどないような……。
 プレイ時間が長くかかるわりにはストーリーは物足りないという印象でした。薄く延ばした感じというか。
 プレイヤーの感情に訴えるような、印象的なイベントがないということかもしれない。

.
●感想
 描画こそ3Dなものの、プレイ感はファミコン時代のゲームのようです。
 全体的に細かな待ち時間が散りばめられていて、せっかちな僕はイライラすることが多かったです。
 このあたりがまさにドラクエという感じでした。
 イライラポイント
・モタモタした戦闘。(攻撃後ダメージ数値が出るのに、あらためて「○○のダメージを与えた!」という文章も出るため、それで時間を取られるところなど)
・キラーパンサーに乗るために10秒くらい待つ。
・鳥に乗るために10秒くらい待つ。
・同種アイテムをまとめて移動できない。
・ショップに入ったときの前口上が鬱陶しい。
・昼と夜両方の会話を聴く必要がある。それなのに同じことを言う人が多い。
・アイテム合成時、釜に入れてから冒険可能になるまでの待ち時間。
・引き出しを開けたりするアクションが鬱陶しい。
 これらの要素が積み重なり、プレイ時間を無駄に吸い取られている印象でした。
 いやほんと、五秒とか十秒の細かい待ち時間が相当気になりましたよ。それくらい我慢しろよという感じですが、このゲームの場合何か行動するたびに無駄にウェイトをかけてる感じなので腹立たしい。
 ロードに時間がかかるとかならいいんですが、待たせるためにわざと無駄なウェイトを入れてるのです。
 クリアに六十時間かかりましたが、ストーリー的には二十時間くらいでおさまるのでは……と思いました。
 船が手に入るくらいまではわりと頻繁にレベルアップしそれなりに楽しいです。しかしその後は成長・強化が緩やかになり飽きを感じはじめました。装備関連もいまいちというか……。
 前述の無駄な待ち時間の多さもあり、船入手後のあたりでかなり投げ出したくなりました。

.
 ストーリーもいまいちというか、ドラクエをお手本に作られた平凡なゲームをやってるような気分でした。
 もっと、こう、「国民的RPG」という看板にふさわしいドラマティックなものを期待してたんだけど。
 他のドラクエもこんな感じなのだろうか。

.
 戦闘にも不満がありました。
 行動順が安定しないため、作戦が立てづらいです。このシステムなら味方の行動順はしっかり確定したほうが、自分なりの必勝パターンのようなものが構築できておもしろいのでは。
 そしてボスの「凍てつく波動」で溜めが解除されるのが残念でした。ボス戦のためにあるようなコマンドなのに、ボス戦で使えないというのはどういうことなのだろうか……。せめて一段階下がるくらいにしてほしかった。
 これのせいで戦略もクソもなく、どのボスも「各キャラの最強攻撃&回復(&防御系呪文)」しかやることがありませんでした。というかどのボスも技の名前が違うだけでやってくることが同じだったような……。
 ボス戦のつまらなさも、ファミコン時代のゲームをやっているような感じでした……。
 復活魔法が全然成功しないのに、体力満タンのキャラが1ターンで殺されたりするのも腹立たしい。

.
 スキルシステムもがっかりでした。
 クリアするまでプレイしても全スキルマスターできず、役に立つスキルと立たないスキルに差があるため、攻略サイトを見たいという誘惑が強烈に迫ってきました。いやもちろん僕は自力でクリアしましたけど!
 無駄スキル自体はありなんだけど、このゲーム場合スキルの取得機会が少ないため、外れを引いたときのガッカリ感がかなり大きいです。
 ヤンガスのゴールドハンマーとかどうすりゃいいんだよ……。
 五種類のスキルのうち、クリアまでに完全にマスターできるのは二つくらいです。

.
 アイテム合成もめんどくさいことこのうえない。レシピが完成してるものはレシピを選ぶだけで合成してくれてもいいのに。
 もともと僕はアイテム合成とかは大嫌いなので、このかったるい錬金システムは鬱陶しくてたまりませんでした。まぁほとんど使わなかったんだけど。
 さらに、こういうアイテム合成というのは、素材が手に入った時点でアイテムを合成できないと「損してる」と感じてしまうわけですよ。強い武器があるなら速めに入手しないと、ザコ戦で無駄に時間を使い効率が悪くなってしまう。(ただでさえウェイトだらけのダラダラしたゲームなのに)
 損しないためにはそれっぽい素材を総当りで試すしかない。しかしこのゲームは素材を釜にいれるだけで結構時間がかかるので、イライラしてしまうわけです。
 で、せっかちな人は「もう釜なんて金輪際つかわねー!」となるか、「めんどくさいから攻略サイト見るか……」に分かれてしまうのですよ。自力攻略派の僕は「金輪際つかわねー!」といって弱い武器のままトロい戦闘を半泣きになって繰り返しましたけど!

.
 このスキルシステムとアイテム合成のせいで自力攻略をあきらめた人はかなりいるのではないか。
 むしろ攻略サイトに頼ることを推奨しているように見える。
 普通にプレイすると全体的にモタモタした展開なので、攻略サイトを見ながらプレイするとちょうどいいテンポで楽しめるのかもしれない。
 与えられた攻略情報を元に、自分なりのスキルや装備を選択するという感じ。
 ドラクエ3時代の「友達と情報交換しながらプレイ」という楽しみ方を、ネット時代向きにアレンジしたというか。

.
 悪いゲームではないものの、今の時代にこれはどうなの?と感じてしまう出来でした。
 時代時代で最先端のRPGを目指しているFFシリーズとは、まさに対照的な作品になっていました。
 しかし良い見方をすれば、ファミコンやSFC時代のプレイヤーでも違和感なく楽しめる作りです。実際そういうところを狙っているのでしょう。

.
 力作だというのは伝わるものの、正直言って僕にはガッカリの作品でした。
 相当ガッカリでした。
 たぶんドラクエシリーズ自体が僕向きではないのだろう。
 これが人生最後のドラクエかもしれない……。
 これからプレイする人は、無理せずに最初から攻略サイトを見たほうがいいと思います。

開発元
発売日
 
プレイ記録
クリア時間 64:36
走破距離 311.4km
戦闘回数 1266
倒した匹数 4201
追い払った引数 11
勝利回数 1233
全滅回数 4
逃走回数 20
全獲得ゴールド 119795
最大ダメージ 魔犬レオパルドに1755
収集アイテム 237種
小さなメダル 99
闘技場 Bまで

 

ひよこ lv40 剣14 槍0 ブーメラン95 格闘0 勇気100
ヤンガス lv40 斧59 打撃43 鎌0 格闘0 人情100
ククール lv40 剣0 弓54 杖0 格闘0 カリスマ100
ゼシカ lv40 短剣0 鞭98 杖0 格闘0 お色気100

1件のコメント »

  1. >・引き出しを開けたりするアクションが鬱陶しい。
    >五秒とか十秒の細かい待ち時間が相当気になりましたよ。

    どんだけせっかちなんだ(笑)

    >クリアに六十時間かかりましたが、ストーリー的には二十時間くらいでおさまるのでは……と思い

    いやいや、流石にそれは(笑)
    なかなか面白い文章書かれますね、時間を惜しんでゲームするタイプなんですねぇ
    ショップでの前口上…、同じことを繰り返す町人、アイテム合成等々にもイライラするとのことからあまり日本製RPGはお得意ではないようで…
    坊主憎(苦手)けりゃ袈裟まで憎い(苦手)感が(ちょっと違うか?)

    フラっとこちらに寄らせていただいた一読者が他人様の趣味趣向・感性に意見するのはどうかと思いますので一点「行動順が安定しない」「凍てつく波動」による戦略性が無くなる云々にだけ一言
    完全に行動順が把握されてしまうと決まった手順でしかコマンド入力・応対しない作業ゲーになってしまうのでは無いでしょうか?
    ドラクエ初期にある旧態依然の完全ターン制RPGよりかはだいぶマシではないかと、むしろランダムバトルで無い戦闘システムの方が珍しいのでは
    テンション解除に関しては終盤にもなるとスーパーテンションではスキル・武器の充実に伴って反則級の攻撃力を叩き出しますので終盤ボスへの救済措置でしょう(笑)
    そんな中、テンション1程度で削っていくのか相手の出方を伺いつつテンションマックスくらいまでチャレンジするのかユーザーへのロマン戦略システムだと思います
    一撃最大攻撃ができない→戦闘に痛快感がない→「つまらない」と判断されたなら解りますが、攻略に必ず使用しなければならない攻撃手段でもないだけに戦略云々はズレている感が
    (余談ですがブログ主様が嫌いとする錬金釜を有効活用するとテンション上げを増加させる戦略が産まれたりもします)
    スキルシステムは概ね同意ですね、せめてスキル振り直しくらいさせろよと

    まぁ長々と駄文失礼いたしました、他のゲームレビューも拝見させていただこうかと思います

    コメント by   — 2014 年 7 月 2 日 @ 15:10:26

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress