自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2012 年 10 月 23 日

Unisonic [ Unisonic ]

Filed under: 音楽 — 坂葉 @ 17:43:36

←国内盤と輸入版ではボーナストラックが違います。

 キスク関連のアルバムはだいたい集めているのですが、本作は買おうと思いつつ放置していて、ライブ直前にあわてて購入しました。
 かつてのソロと比べると大幅に出来が良くなっているものの、「キスクがカイと組んで本格活動!」を売りにするには弱いかなぁ、という印象です。

 音楽性としては、キスク関連のアルバムとしては「Pink Bubbles Go Ape」に近い感じでしょうか。もうちょい方向性を定めて「Chameleon」を作っていれば、こんな感じになったかも……というような。けっこうメタルっぽいです。
 ガンマレイのHeaven can waitを思わせるような雰囲気の曲もあります。

 当然というか予想通りというか、サビでのハイトーンを強調した曲が多くなっています。
 個人的にはキスクのハイトーンに魅力を感じたのはPink bubbles~までで、それ以降は中低音のほうが好きになりました。
 Chameleon以降のキスクのハイトーンは、綺麗かつ繊細な感じなので迫力不足に感じてしまうのです。
 メタルとしてのハイトーンは、フォロワーであるトビアス・サメットのほうがサマになっているというか。
 本作でもヴァースやブリッジはキスクならではの味が出ていてかっこいいものの、コーラスに入ると普通だなぁと思ってしまうことがしばしばでした。
 もちろん好きか嫌いかで言えばかなり好きなんだけど。

 Place Vendomeっぽさはだいぶ薄められていて、あの哀愁が好きだった僕としては残念です。
 日本版ボーナストラックのThe Morning AfterはPlace Vendome風で、一番気に入りました。まぁだからこそ外されたんだろうな……。


 駄曲がないかわりに「これだ!」という決め曲もない感じのアルバムでした。
 豪華メンバーをそろえたものの、化学反応を起こさずにこじんまりとまとまってしまったような。
 製作側としても手探り状態だったのかもしれません。なにしろ御輿に乗っているのは長年メタル嫌いを公言していたマイケル・キスク……。
 二作目がどうなるか気になるところです。

 正直言うとPlace Vendomeに力を入れてほしいんだけど、もうプロジェクト終了なんだろうなぁ……。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

Powered by WordPress