自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2014 年 7 月 29 日

XBOX360 デッドライジング

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 21:21:57

 大量のゾンビと戦いまくるアクションゲームです。
 ゾンビに埋め尽くされたショッピングモールで72時間生き延びましょう。

 時間内は何をしていてもいいという建前ですが、正式なエンディングを見るためには忙しく動き回らなければなりません。
 複数のイベントが同時進行していくため、もたもたしてるといろいろと手遅れになったりします。

 一周にかかる時間はそれほど長くなく、何度も繰り返しプレイして真エンディングを目指すという形になります。
 慎重にプレイすれば初回プレイで正規エンディングにたどり着けるかも?

.
●システム

 TPSをベースにした操作系です。銃器もありますが、主な攻撃手段は打撃武器になります。
 持ち運べるアイテムの量にわりときつめの制限があり、持ち運ぶアイテムをよく吟味しなければなりません。
 武器には耐久度があり壊れると使えなくなってしまうため、いざというときのための予備も必要です。

 ゲーム中は常に時間が流れているので、ずっと隠れているのもよし、生存者の救出に向かうのもよしで、好きなようにプレイできます。
 とはいえちゃんとしたエンディングを見たいなら特定の時間に発生する「メインシナリオ」をクリアせねばならないため、実際はかなり時間に追われるプレイになります。

 ゲームオーバーになるとスキル類を引き継いで最初からやりなおしになります。
 しかしわりと早い段階でスキルは上限に達してしまい成長が頭打ちになるので、それなりにがんばってプレイしないと正規エンディングにはたどり着けません。

.
●グラフィック

 グラフィックはそれなりなんですが、ゾンビの群れはすごいです。いくらなんでも多すぎる。
 明るめの雰囲気なのであまり怖くありません。ホラーゲームが苦手でも安心……かも。

.
●ストーリー

 ゲーム全体にコミカルな雰囲気が漂っているものの、メインシナリオはけっこうシリアスです。
 ゾンビゲームなのにボスキャラは普通の人間(ゾンビより恐ろしい狂人)ばかりというあたり、けっこう皮肉が効いてる感じでした。

.
●感想

 思い切ったシステムの意欲作です。
 バイオハザードのサバイバル感をベースに、まったく別方向の道を探ってみたという印象です。
 遊び方の自由度が高めなので、人によってけっこうプレイスタイルが変わりそう。

 ただ、正直言うと僕にはちょっと合わないと思いました。時間に追われるプレイは苦手なのです。
 何周もして楽しむゲームでもあるので、そのあたりも人を選びそうです。(一周して正規エンディングを見るだけでも充分楽しめます)

.
 ゾンビがたくさん出るのはたしかに圧巻なんですが、序盤から全開大放出なのは残念でした。
 進行に合わせて増えて欲しかった。

.
 ゾンビの群れを処理しつつ生存者を誘導するのがおもしろいというのはわかるものの、あまりにもゾンビが多すぎてうんざりしてしまいました。
 マップ全体に満遍なくゾンビがひしめいている感じです。特に屋内。もう少し分布にムラがあるほうがよかった。
 これだけ戦闘が続くなら、もうちょい生存者の体力を多く、攻撃を強力にして、みんなで戦う感じを出してほしかったです。

.
 マルチエンディングを見るための周回プレイはあまり好きではないため、二周して正規エンディングをみて終わりにしました。

.
 かなりの話題作で名作には違いないものの、前述の通り好き嫌いが分かれそうな作品だと思います。
 時間に追われる緊張感が好きな人や、自分なりに効率のよいプレイを考えていくのが好きな人にはおすすめです。

 攻略サイトを見れば効率のよいプレイ方法が書いてありそうなので、アクションが苦手な人は攻略サイトに頼るのも良さそうだぞ。
 たぶん格段に楽になると思います。このゲームの場合、頭を空にしてゾンビを倒しまくるだけでそれなりの爽快感があるので、攻略サイト頼りでもそこそこ楽しめそうな気がします。
 まあ自力でプレイしても三周もすれば正規エンディングにたどり着けるでしょう。

開発元 カプコン
発売日 2006/08/08(米)
2006/09/28(日)

.

プレイ記録 一周目 二周目
PP Earned 1530368 2773725
Endhing C A
Zombi Kill Count 3889 20044
Survivors 21 16
Phot Score 19758 51685
Current PP 1608368 2928725
Total PP 2452996 5381721

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress