自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2015 年 4 月 27 日

XBOX360/PS3/PC デビルメイクライ4

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 19:29:47

 コンボアクション四作目です。
 ツボをおさえた作りでよくできています。
 しかしあまりにも正統派すぎて、ベヨネッタやMGRと比べると物足りなさを感じてしまう部分がなきにしもあらず。
 とはいえ、コンボアクションの教科書みたいなシリーズなのでこれで正解なのでしょう。

 おすすめの一作です。

.
●システム

 近接攻撃、銃攻撃、掴み、ジャンプ、デビルトリガー(ゲージ消費の能力強化)が基本動作となります。
 本作は弱攻撃・強攻撃といったシステムではないため、コンボを出すには遅らせ入力が必要になります。
 そのため、ボタンの組み合わせでコンボを進める一般的なコンボアクションとは若干違ったプレイ感になります。
 本作では、掴み・打ち上げ・銃撃を使い分けてコンボを継続させることを重視しているようです。よりテクニカルな感じですね。

 本作独自の要素としてはイクシード(チャージ攻撃)があります。しかしいまいち使いどころがわからなくて、僕はほとんど使わずにクリアしたのだった……。

 掴み攻撃では、腕を伸ばして遠くの敵を引き寄せることができます。ザコの群れと戦ってるときに重宝します。
 ボス戦ではボスのもとに高速移動になります。
 これが本作の大きな魅力の一つと言ってもいいでしょう。

 ダッシュ後の攻撃がなぜかBackボタンとなっており、ものすごく出しにくいです。なんなんだろうこれは……。

 途中で使用キャラが代わり、DMC3風の操作になったりもします。

.
 オーブを集めてスキルを増やしていきます。
 スキルポイントは振りなおせます。これは親切設計でよいです。

.
●グラフィック

 PS3/XBOX360世代としては初期の作品となるため、最近の作品と比べるとけっこう見劣りします。
 しかしキャラデザインはかなりかっこいいです。
 デザインの奇抜さと格好良さが両立していてすごい。
 この手の作品ではトップクラスだと思います。

.
●ストーリー

 ストーリーはしっかりしていて悪くないんですが、「ほどほど感」も強いです。
 ゲーム本体のほどほど感もすごいので、万人受けを狙ったんだろうなーという気がします。
 誰が見ても楽しめるけど、熱狂的ファンはできにくそうな感じ。
 ジャンルの柱となる作品なので、これで正解なのだろう……。

.
●感想

 これはおもしろいです。みんなが目標にすべき優等生作品という印象でした。
 アクション、キャラデザイン、ストーリーなど、すべてが高水準です。

.
 謎解き要素がめんどくさいです。
 これのせいで、もう一周するぞー!という気にはなりませんでした。
 余裕のあるときにプレイしていたら、もっとやりこんでいたかも。
 アクションは本当によくできてるので、時間があればもっと遊びたかったです。

 シリーズ恒例の水増し要素が満載で、毎度の事ながらがっかり感もありました。
 例によって同じマップを二周し再生ボスとの連続対決があります。
 使用キャラが変わるので単調というわけではないんですが、やっぱり水増し感が強い。

.
 まさにアクションゲームの教科書という感じの作品でした。
 高品質の娯楽大作を楽しみたいのなら間違いなくおすすめできます。

.

開発元 カプコン
発売日 2008/01/31
 
プレイ記録
難易度 Devil hunter
(アイテム不使用)
プレイ時間 17:44:17
クリア評価 SABSBBCCDD
DAAACSABDC
シークレット 1、2、5、10

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress