自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2010 年 6 月 26 日

STS 8 MISSIONのザビエル・ドレクセラー逝去

Filed under: 日記,音楽 — タグ: — 坂葉 @ 22:11:34

 STS 8 MISSIONのヴォーカリスト、ザビエル・ドレクセラー(Xaver Drexler)が2010/03/28に亡くなったそうです。42歳でした。
 追悼サイトができています。
 STS8MISSIONは1989年に結成され、1990年に1stアルバムMystery of Timeでデビューしました。このとき日本盤も出ています。
 ジャーマンメタルブームとともに出てきたため和田誠氏に強烈にプッシュされていました。しかし多くの人たちが期待したであろうHelloween型のメロディックスピードメタルではありませんでした。
 キーボードやクラシカルなメロディは控えめの、愁いを帯びた正統派メタルといった音楽性です。「ジャーマンメタル最後の切り札!」「ハロウィンに次ぐパワー・メタルの王者は決まった!」という煽りが泣かせます。
 僕も3rd発売前くらいにこの1stを買いましたが、正直言ってかなりガッカリしてほとんど聴かずに仕舞いこんでしまいました。僕の中で「STSは噂だけのクソバンド」という評価になりました……。
 STS8MISSIONはその後二枚のアルバムを出します。
(more…)

2008 年 7 月 6 日

RAGEのライブに行った!!

Filed under: 音楽 — タグ: , — 坂葉 @ 23:49:27


 RAGEのライブに行きました。大満足だったと言わねばなるまい。
 ピーヴィは心なしか痩せたような気がします。気がするだけかもしれない。相変わらず腹は出てましたが、顔とか四肢が若干ほっそりしてたような。
 新しいドラマーのアンドレ氏は、前任のマイクみたいに目立ってはいませんでしたが、終始ニコニコして楽しそうでした。
(more…)

Powered by WordPress