自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2009 年 4 月 24 日

PS2 Kunoichi その3

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 23:48:43

 6面になるといきなり難易度急上昇です。
 5面までは前作のテクニックで進めるけど、6面からはKunoichiのシステムを活用していかないとだめという感じです。
 このゲームはクリア時の評価にコンティニュー回数というのがあり、何回やりなおしたかわかるようになっています。
 この面からコンティニューが激増しはじめたので、回数をメモするようになりました。

●6面
 トレーラートラックの上で戦いつつトラックを乗り継いでいく面です。
 めちゃくちゃ難しくなります。
 コツは、足場の外の空中敵から倒し最後に地上敵を倒すことでしょうか。
 落ちそうになってもトラックの上に敵が残っていればそいつをロックして戻れることがあります。
 空中での行動は、ジャンプ→蹴り→攻撃→ジャンプ……がいいと思います。ただジャンプ蹴りは敵の攻撃が当たってしまうため、距離が近いときはステルスダッシュのほうがいいかも。
 道中クリアまでにコンティニュー回数25回。
・ボス
 花火や爆竹を投げてくる変態男です。
 最初は倒し方がさっぱりわかりませんでした。
 まず、ボスが天井につかまって炎を振りまく攻撃を出すのを待ちます。
 ボスが立ってるトラックのすぐ横あたりが死角になってます。
 炎攻撃がはじまると、攻撃範囲の外側にザコが出ます。そしたらそいつらを斬って分身攻撃。
 倒し方がわかれば余裕過ぎます。
 ステージクリアまでにコンティニュー回数31回。(ボスで6回)
 ステージセレクトでEASYをやりなおしたところ、EASYでも9回コンティニューしてしまいました。やはり一撃死がメインの面は難易度に関係なくむずかしい。
●7面
 研究所です。
 ものすごい難所があり、そろそろ泣きたくなってきます。
 最初は廊下+研究室で構成されたエリアです。巨大な剣を持ったちびっこザコが強いです。装甲付きなのでまず蹴りで装甲を剥がさねばなりません。一匹ずつ装甲破壊+斬りで倒していくといいんですが、乱戦気味の時には他の敵に攻撃が当たり刀が弾かれてしまいます。
 先にすべての敵の装甲を剥がしておいたほうが安全です。
 エレベータの場面は特に危険なので八双を撃つといいです。
 斜めのエレベータのエリアはとてつもなくむずかしいです。空中の封印鏡を破壊せねばならないものの、床に降りるとダメージを受けるようになっています。普通に鏡を壊そうとすると確実にダメージを受けてしまうため、敵を利用し空中蹴りを駆使する必要があります。
 これがとんでもなくむずかしい。今作第一の挫折ポイントかもしれません。しかもこれが二箇所あります。
 ただ、ダメージを受けるとはいえ足場があるので、ごり押しでもなんとか進めます。
 その後もでかい縦穴型のエリアがあります。落ち着いてゆっくりいけば難しくないですが、あわてると落ちます。
 道中でコンティニュー19回でした。
・ボス
 蛾のボスです。前作での蛾のボスは恐ろしい強敵でした。今作ではあれほど強くはないですがこれまでのボスと比べればはるかに強敵です。
 ザコ放出と共にゆっくりと落ちていく爆弾のようなものを出し、ザコを倒そうとするとこの爆弾までロックしてしまうのが鬱陶しいです。
 またこの爆弾が接地して爆発しはじると地上に降りられません。殺陣をつなげて分身攻撃しようと思ってもうまくいかないことが多いです。
 ミサイル攻撃もおそろしく、常に動いていないとボコボコ当たります。フィールド外周のオブジェクトを壊すと体力回復が出ますが、取ろうとしてモタモタしてるとミサイル食らいまくって余計に体力が減ったりします。
 ステージクリアまでにコンティニュー25回でした。(ボスで6回)
その2 その4 
参考になったらクリック!!

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress