自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2014 年 12 月 29 日

PS2 スプリンターセルカオスセオリー

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 18:20:32

 スプリンターセル三作目です。
 これまではルート探しの一本道パズルというプレイ感の作品でしたが、本作ではわざとらしい迂回ルートは減り、正統派のステルスゲームになりました。
 ステルスゲームの中でもかなり完成度高いほうだと思います。

 東アジアが舞台となっていて、洋ゲーでおなじみの変な日本も登場します。

(more…)

2012 年 9 月 25 日

PS3 ヴァンパイアレイン アルタードスピーシーズ

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 22:35:43

 敵に見つかったらほぼ死亡のステルスゲームです。
 キャラのモデリングとかストーリーに日本産ゲームのような雰囲気があり、海外でもこういうの作るようになったのか……と思ってたんですが、実は完全な日本産ゲームでした……。

 はっきり言ってしまいますと、かなりのがっかり作品です。
 敵に見つかったら即死亡というコンセプトはいいんだけど、強烈過ぎる一本道展開なので、つまらないパズルをやっているかのようでした。
 良い部分もそれなりにあるんだけど、ダメな部分がすごすぎてどうしようもない作品になっているという印象でした。

(more…)

2011 年 6 月 1 日

PS2 忍道戒

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 21:39:11


 忍者を題材としたステルスアクションゲームです。
 マップにあらかじめすべてのキャラが配置され、それらが独自の思考ルーチンで動く「箱庭」タイプのアクションゲームです。
 三つの勢力から与えられる任務をこなすことによってゲームが進行しています。
 最初はちょっと取っつきにくかったものの、慣れたらすごくおもしろくなりました。
 ステルスゲームですが、ノーキル・ノーアラートはさほど重視されません。殺害必須の任務やステルス維持がほぼ不可能な任務があります。
 クリア後の評価から見ると、死角から近づいて一撃必殺する技「血祀り殺法」を狙うプレイを推奨されているようです。

.
 これはおもしろいです。忍者ゲームの名作といっていいでしょう。
(more…)

2011 年 3 月 18 日

PS2 メタルギアソリッド3 感想と初心者向けアドバイス

 サブシスタンス版の感想になります。
 攻略のヒントは感想の項を参照。

 だいぶ前に一度クリアしたのですが、そのときはすごいゲームだと思いつつも一番簡単なモーでさえ難しすぎてちっとも楽しめませんでした。山岳地帯あたりから一切隠れることをせず、コマンドーになって殺戮を繰り返してしまいました。

 その後スプリンターセルやヒットマンをプレイしステルスアクションのコツを身につけた僕は、今こそ再挑戦のときだと思いMGS3のHARDノーアラートクリアに挑んだのでした。
 まず最初の場面で徹底的に基本操作や敵の挙動を研究しました。
 実に1時間。
 延々と敵の後をつけたりCQCで投げつけたりしてスネークの操作をおぼえました。
 そしてプレイを開始し、なんとかHARDノーアラートクリア、EXPERTノーキル・ノーアラートクリアを果たしたのでした。
 そして悟ったことは……これはおもしろい! とてつもなくおもしろいゲームですよ! ゲームの歴史に名を刻むべき傑作だと思いました。
 しかし、操作やシステムの煩雑さのせいでこれをちゃんと楽しめる人は購入者の10%もいないんじゃないかとも思いました。
 大半の人は僕の初プレイ時と同じくマシンガン持って突撃する形になるような気がする。

(more…)

2011 年 1 月 22 日

PS2 スパイフィクション

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 01:54:40


 変装や光学迷彩を駆使して進むステルスアクションゲームです。
 敵の写真を撮り光学迷彩を利用した変装を行うというのはおもしろいアイデアです。
 キャラデザインは村田蓮爾です。
 ステルスゲームとしての作りが甘い上にMGS2に似すぎているのが気になります。プレイ感は全然ちがうんですが、映画ネタを入れたがるところとかメニューの選択方式とか年表や秘密道具の設定に凝るところとか非常にMGS風です。スタッフも完全に開き直り、似てるのを隠そうともしてません。
 おもしろいオリジナル要素も多いのにそれがいまいち有効に扱われず、劣化コピー品という印象が強くなってるのが悲しいところです。
(more…)

2010 年 6 月 23 日

PS2 スプリンターセル

Filed under: 商業ゲーム — タグ: , — 坂葉 @ 21:08:09


 UBI製ステルスアクションの一作目です。
 暗闇に紛れ潜入し、時には暗殺もしてミッションを遂行していきます。
 マップは一本道に近く、場面場面で「正解」の隠密ルートを探すような感じになっています。
 これは自由度が低いともいえるんですが、ステルスゲームとしては正解のひとつであると思います。ヒットマンやMGSシリーズなどは自由度が高いぶん低難度モードでは隠密行動の必要がなくなってしまい、うまい人しかゲームの醍醐味を楽しめません。このゲームでは隠密を強制させることによりステルスゲームの楽しさを強調しているわけです。
 また、一本道の中にも敵をかわす手段が複数用意されているため、それほど窮屈なプレイ感ではありません。
 難易度はそこそこ高いものの何度もプレイして敵の行動パターンをおぼえればクリアできるように作ってあります。
(more…)

2010 年 3 月 30 日

PS2 紅忍 血河の舞

Filed under: 商業ゲーム — タグ: , — 坂葉 @ 19:06:51


●ゲーム概要
 くノ一によるセクシーステルスパンチラアクションです。
 メタルギアやスプリンターセルのようなリアル寄りのアクションではなく、Shinobi・Kunoichiなどのように派手に飛んだり跳ねたりできるタイプです。
 背後から迫り敵を倒すというのが基本ですが、遠くから壁走りで接近し大ジャンプして空中から殺害といった豪快な暗殺も可能です。「派手に攻める隠密ゲーム」という感じでしょうか。
 武器はワイヤーの先に刀がついた『鉄弦』で、敵の身体に巻きつけて引きずり倒したり、ピンと張った弦で他の敵を切り裂いたりすることができます。
 また、プリンスオブペルシャ(PS2)やico、ゴッドオブウォーなどのようなアスレチック的地形パズルも用意されています。
 ボス戦もなかなか凝っていて、倒し方がわからないとダメージすら与えられません。
 カメラの視点変更によりいつでもパンチラを拝むことができます。黒のTバックなので食い込みファンには嬉しいでしょう。欲をいえば股間の作りこみをもっとリアルにしてほしかったところです。
(more…)

2009 年 7 月 9 日

PS2 ヒットマン サイレントアサシン その4

Filed under: 商業ゲーム — タグ: , — 坂葉 @ 00:16:55


 ヒットマンサイレントアサシン隠密攻略の続き。
 どうも10面あたりからボリュームや内容の薄いミッションが増えてきたような気がします。
 おもしろいことはおもしろいんですが、2?3のミッションを合わせてそれまでの1ミッションくらいの出来という感じです。
(more…)

Powered by WordPress