自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2008 年 11 月 10 日

PS2 サイレン その3

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 01:22:31

 サイレンはかなり行き詰ってきました。
 しかし、後述の「禁断の技」を使い突破口が開けたかな?というところです。
 ↓以下ネタバレありです。

 牧野慶のシナリオで、石川家と食堂を調べろというヒントが出ました。調べてみたところ、濡れ手ぬぐいを冷凍庫に入れるというイベントが発生。宮田のシナリオでこれを使うことになるらしいです。これで行き詰まり解消か!
 さっそく宮田でプレイしました。警官を倒すのに苦労した面です。凍った手ぬぐい取り出して……貯金箱置いて……。警官をおびき寄せるための時限装置でした。実はごり押しっぽくクリアしたので意味がなかった。
「これでなんとかなった!」と思わせておいて実は意味なしというのは行き詰ってるときにはつらいものがあります。

.
 高遠玲子と前田知子の学校面がけっこうきつかったです。職員室まではいいとして、その後体育館に行くとき銃を持ったゾンビをやりすごす方法はあるんだろうか。見つかるのも構わずに突っ切って進んだけど……。
 武器を取った後はさらに厳しかった。校長の復活が速いのでゆっくりとタイミングを見ていられず、ごり押しで進んで運良くクリアという感じでした。
 しかも、職員室に来たあとにゲームオーバーになると、知子が見つけたろうそくが無くなってしまいます。つまりろうそくを手に入れるためにはノーミスでこの面をクリアせねばならない。10回以上リトライしましたよ。
 とはいえ敵の動きを見ながらこっそりすすむのはいかにもこのゲームっぽくていいです。
 灯篭にろうそくをつけてまわる面も苦戦しました。灯す順番がわからない。最初は灯篭のそばのマナ字架の本数かと思いました。しかし違う。
 次にマップに記載されてる順序で灯してみました。これも違う。
 灯篭をじっくり見るとなにかの絵があるので、それが関係あるのではと思いました。しかし何の絵かさっぱりわからない。じっくり眺めてみたところ、どうも、人、鳥?、犬、牛のようです。なんの意味があるんだろ……。人を猿と考えて、干支の順番にあてはめてみました。しかしこれも違う。
 困り果てて視界ジャックとかやってると……なんか灯篭を拝んでるゾンビがいるじゃないですか。もしやと思い、こいつの動きを観察しました。おぉ、灯篭を巡回している。そして、こいつの拝んだ順に灯していったら見事クリアできました。これはわかんねーよ……。

.
 しかし、いよいよ本格的に詰まってきました。
 多聞のラジオ&井戸、理沙のマナ字架あたりが突破口になりそうなものの、さっぱりわからない。
 とりあえず理沙を集中的にプレイです。スコップがあるということは、どこかを掘る必要があるわけです。怪しいところは片っ端から調べてみたけど収穫なし。
 仕方ないので禁断の技を使うことにします。その技とは、○ボタン連打。調べるボタンを連打しながら庭をしらみつぶしに歩き回るわけです。イベントポイントを通りかかれば自動的に反応してくれるという禁断の技です。この技はいろんなゲームに応用がきく必殺技といえましょう。かつて覇邪の封印でもこの技を使ってイアソンの遺跡を巡ったものです。
 正直、いんちきっぽい気がしないでもないですが、このままだと攻略サイトのお世話になるしかないので、それよりマシだと思って連打技実行です。すると……。
 ありました! あんまり怪しくないところに地面を掘りかえしたあとがあった! こんなんわかるわけねーよ……。
プレイ記録(ネタバレあり)
その1 その2 その3 その4

その5 その6 その7

ゲーム紹介(ネタバレなし)
参考になったらクリック!!

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress