自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2008 年 7 月 16 日

PS2 忍Shinobi その4

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 20:31:20


 激ムズアクションのShinobiも、いよいよクライマックスに迫ってきましたよ。
 7-Aは最初の場面でかなり苦戦しましたが、敵を無視できることに気づきました。無視しまくれます。
 相変わらず同じような背景が続きます。池のところはけっこういいものの、これもそっくりな場面が登場し萎えます。そして山道ばかりが続くところはこれまたワクワク感がない。相当納期に追われてたんだろうか。

 滝のところがかなり難しかったです。ここではまず前方にジャンプ+ダッシュし、その後レバーを右(壁側)に入れてジャンプし壁に張り付きます。何が難しいって、壁側にレバーを入れてると壁に張り付いた瞬間走り出してしまい、滝に突っ込んで落下してしまうことです。張り付く前にレバーを離すと落下死する。操作性の問題で難しいというのはやっぱイライラするなぁ。
 しかし今ふと思ったんだけど、ダッシュ+ジャンプのあとにダッシュで張り付けば楽に行けるかもしれない。

.
 7-Aボスはエロい衣装のくノ一です。この着物はどういう構造なんでしょうか。股間に目が釘付けです。やっぱくノ一はいいなぁ。
 灯篭の上が安全地帯のようです。ここで待ってザコをため殺陣です。ボスは手裏剣で動きを止めるといいです。
 ジャンプ攻撃も当たりやすいです。
 ストーリー的にも盛り上がります。

.
 7-Bもいきなりボス戦です。
 ここもザコをためて殺陣です。 ……ザコが出るまで待つのがめんどくさい。
 ボスは強いですが、ジャンプ攻撃がそれなりに当たります。まぁ運任せです。何度もやってればいつかは倒せるよって感じ。ザコ数匹を倒しボスにジャンプ+ロック+ダッシュアタックをやってるとそのうち勝てると思います。

.
 8-Aはかなりむかつきまくります。とにかく落ちまくります。壁歩きの性能に殺意をおぼえたりもします。
 マップの手抜きっぷりも腹立たしい。ほとんど同じ地形じゃねーかよー。いや空中に浮かぶ城というのはすごくおもしろいんですが……。
 足場の悪いところにいやらしい敵配置、やっかいな壁歩きと、このゲームを象徴するかのようなイライラステージです。
 このあたりに来ると、もうさっさとクリアしてこの苦行を終わらせたいと思うようになります。
 面倒な敵は無視しまくりです。結界石は手裏剣で壊すとよいでしょう。
 なるべく足場が安定していて、弱い敵が出るところでスラッシュゲージを稼ぐのがポイントです。
 ラストの門のところでは、強敵の二首巨人が何度もわいて出ます。と思ったら、門を攻撃しないと延々と敵が出るらしかった。

.
 そして8-B。城内に進入です。ここがまた長い。難しい。敵が山ほど出る。
 ふすまを斬りつつ和室を進んでいく面で、和室の雰囲気こそいいものの相変わらず同じ構成のマップが続きます。
 そして結界石を壊すために部屋に入ると、毎回毎回戦闘なわけですよ。もう心底ウンザリ。が、実は部屋の外から手裏剣で結界石を壊せばいいのだった。部屋の中も畳一枚分くらいなら大丈夫なので、前後に動きつつキャラと結界石のラインを合わせ、ジャンプ手裏剣をきめていこう。
 この面では二首巨人が出るポイントがけっこうあり、ちゃんと殺陣をきめていかないとえらいことになります。途中で殺陣をミスると悲しいことになる。遠目の間合いからジャンプ+ロックダッシュ+攻撃するのがよさそう。あまり近づくとガードされます。しかもずっとガードしているので殺陣の成立時間が切れます。
 ただ、二首巨人を倒すと回復が出ます。これは助かる。
 前述のように同じような部屋が延々と続きます。マップを作ってルートを決めれば意外にシンプルなんですが、なにも考えずにプレイしているとかなりイライラします。ここはぜひマップを作ろう。
 部屋地帯を抜けると廊下地帯になります。これはまぁなんとでもなる。うまく後ろにまわりこんで殺陣をきめていきスラッシュゲージを稼ごう。
 そして落下ポイントのある通路が登場。二つ目の通路の結界石は、真ん中で八双手裏剣を使うと楽。
 その後壁が床になってるところ登場します。ここは正面の壁を上りまくっていけばOKです。敵は無視に限る。
 最初、上にのぼっていくことに気づかず時間切れで死にました。
 そして忍者のいる結界石部屋に入ります。この忍者も無視です。忍者は結界石の足場まではのぼってこれないので、あせらずゆっくりいけばよし。その後また二首巨人です。空飛ぶザコは簡単に倒せるものの、忍者はけっこうやっかいで殺陣を決めにくいです。なので、めんどくさいときは二首巨人の後ろに回って火炎の術を使えば一発で倒せます。その後ザコが残っていたら、殺陣を決めてスラッシュゲージを回復させるといい。
 次は、宙に浮いた足場をのぼっていく場面です。最初のうちは階段状になっているものの、そのうち階段はなくなります。構造としては、二枚の細長い板(足場)が、ジャンプ二回+ダッシュ分の隙間をはさんで段違いに並んでいます。
 ここも狭い足場の上で戦闘が連発するむかつきポイントです。しかも二匹三匹とちまちまでてくるので魄が稼げない。
 なので敵はすべて無視。ある程度上っていくと向かい合った足場を交互に飛んで上るようになります。ここではもう視点変更をせずに素早く上っていくといいです。
 その後、最上階で二首巨人との対決です。ここも火遁の術でごり押しでいきましょう。
 そしていよいよラスボス戦です。あー、ようやく終わりだ。
 しかし、この先でオレは真の恐怖を知ることになるのだった……。
プレイ記録
その1 その2 その3 その4 その5
その6 その7 その8 その9

Shinobi攻略 その1
Shinobi攻略 その2
参考になったらクリック!!

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress