自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2008 年 7 月 18 日

PS2 忍Shinobi その6

Filed under: 商業ゲーム — タグ: — 坂葉 @ 22:58:10


 コンフィグのエキストラのところにプレイタイムが表示されていて、昨日の終了時点で15:00ほどでした。
 たしか真魂斗羅も15時間ほどでクリアしたような。でもShinobiのほうが長い時間やってるような気がします。
 真魂斗羅は、いかに正確に操作するかが重要なゲームでした。難所のコツを紙に書き出し、その都度ポーズをかけてパッド入力を確認していけば、ゲームの下手さをある程度はカバーできました。難しくはあるものの、難所を越えるのにかかる時間はけっこう少ないわけです。
 そして、1面から通しでプレイすることが前提のゲームのため、難所で苦戦する時間よりも慣れた場面をプレイする時間のほうが多くなります。そのため、あまり長時間プレイしたという気分にならないのだと思います。
 Shinobiは1つのエリア・ボスに5~10分かかり、それを何度も何度もやりなおしちまちま進んでいくので、ある意味RPGの経験値稼ぎでもしているかのような時間のかかりかたです。しかもこの経験値稼ぎはプレイヤー自身の経験値稼ぎなので、いくら時間をかけてもレベルがあがるという保証がない。だらだらプレイしていたら時間の無駄にしかならない。
 こういう仕組み自体は悪くないものの、Shinobiでの「死亡→やりなおし」はものすごいストレスが溜まるため上達して嬉しいというより苦行をひとつこなしたという印象になってしまいます。いやもちろんこれは個人的な感想ですが。
 4面あたりで空中連撃ができるようになったのはいい感じの上達の仕方だったんだけどなぁ。5~8面の落下死はどうにも納得いかないです。
 今最初からやり直せば意外にすんなり進めて上達を感じるんだろうけど、5面や8面をプレイして「上達した!面白い!」と感じるかは疑問だ。

 で、ヒルコですよ。
 いやその前に、電源落とすとまた8-Bの最初からという苦行がまってます。ただでさえきつくて長い8-Bをもう一度やれときたもんですよ。なんだそりゃ。ラスボス前くらいセーブしといてくれよ! ただでさえ尋常じゃない強さなんだから!
 指にもえらい負担がかかり、タコができてしまいました。ゲームダコ。指が痛ぇよー。
 まぁ、前半部分はマップを作ってしまえばいいし、後半部分は無視できる敵をうまく無視していけばなんとかなりました。技術の上達よりもルートの暗記で乗り越える感じです。まぁこれもひとつの上達だろう。
 問題はヒルコです。ネットで攻略法をいろいろ探してみたんですが、結局攻略法なんてありませんでした。地道に殺陣を決めていくしかない。あとは「回復しつつ長期戦でがんばる」くらいでしょうか。
 その長期戦が無理なんだよ!!
 雷神の術を使えばザコに対して無敵になり殺陣が決めやすいです。でもそれ使ってもヒルコに攻撃するとこまでなかなかいけません。とにかくワープしすぎなんだよコイツは! しかもガードするし、乱戦状態のときにヒルコの攻撃が直撃するし。ザコで殺陣を決めてもボスが斬れないわけですよ!! なんだこのクソゲー!!
プレイ記録
その1 その2 その3 その4 その5
その6 その7 その8 その9

Shinobi攻略 その1
Shinobi攻略 その2
参考になったらクリック!!

2件のコメント »

  1. 僕は、shinobiは持ってないけど、kunoichiのほうだけ持ってます。

    殺陣のシステムは、カッコいいっちゃいいけど、
    敵の出現を待つ体勢と、出現数のせいで一発決めを要する厳しさが辛いか、

    忙しくなってきて全く決められないかの二択で辟易として

    放り投げてしまいました。

    過去の記憶を紐解くと、kunoichiの方が評判がよかったような。
    単に女の子が主人公なだけかもしれないですね。

    PS2を手に入れられたのなら、是非、ゴッドオブウォーをプレイしていただきたい。
    洋ゲーくさいウザさはありますが、すごい作品です。
    これも一発落下死さえ、もう少し救済(少しはあるわけですが)が
    あればもっとよかったわけですが。
    すでに2が出てて、それも一面から凄いです。

    大型ボスと戦うゲームで、これほど迫力がある作品は
    今のところ、僕は知らないですね。

    コメント by Y本 — 2008 年 7 月 20 日 @ 09:16:50

  2.  KunoichiはShinobi以上に殺陣必須になってるんでしょうかね。このシリーズならではのシステムではあるけど、あまり強要されすぎても困ります。
     デモムービー見たところ同時に出る敵の数も増えてるようで……。やっぱ最大8匹くらいが限度じゃないかなぁ。
     格闘もののコンボみたいに、無意味にHIT数ばかり増えても楽しさが減るような気がします。

     近所のゲーム屋に行ったらゴッドオブウォーがあったのでさっそく買ってきました。しかし新品でも2000円で買えるとはすごい時代になったもんだなぁ。
     他にもやるゲームが山ほどあるので、それらを片付けたらプレイしてみます。

    コメント by 坂葉 — 2008 年 7 月 20 日 @ 23:32:10

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress