自作ゲーム














2012年購入の
おすすめCD


Rage [ 21 ]
僕らのRAGEが送り出す超強力なパワーメタルアルバム。ますますヘヴィに、ますますメロディアスになり、RAGEの快進撃はとどまるところを知らない……。

Riot [ Immortal Soul ]
近年の作品ではもっとも激しく印象的な作品。バンド名を冠した疾走曲RIOTはひたすら熱い。

2011年購入の
おすすめCD


Volcano [ Mythology ]
泣きのメロディが炸裂しまくる国産パワーメタル。

Wizards [ The Black Night ]
音楽性をいろいろ変えたりするブラジル産メタルバンドが、今度はドラマティック路線で復活。

Stormwarrior [ Heading Northe ]
キャッチーで暑苦しい疾走パワーメタルバンド。男度がかなり高い。

2010年購入の
おすすめCD


Secret Sphere
Archetype
イタリアンシンフォニックメロスピ。2ndに並ぶ大傑作ではないか。

Iron Fire
To the Grave
デンマークの熱血パワーメタルバンド。力押しと見せかけて細かなアレンジも効いている抜け目のないバンド。


When worlds collide

熱すぎる疾走パワーメタル。聴いてるだけで体中からいろいろな汁があふれ出す。


Leave This World

キレのいいリフと哀愁のメロディでグイグイ押す正統派ヘヴィメタル!


Strings to a Web

僕らのRAGEが送る隙のない傑作。バラエティ豊かな曲をとりそろえている。


Attero Dominatus

歴史上の戦争をテーマにした勇壮かつ悲哀に満ちたメタル。クワイアが雄々しい。


十五年ぶり、まさかの新作。ごく普通の正統派メタル。まぁ正直言っておすすめというほどでもないかな……。アルバムの存在に涙が出る一枚。

2009年の
おすすめCD



ひたすら熱く疾走するブラジリアン熱血メタル。


熱く濃く男臭い、戦士のための王道パワーメタル。聴くだけで汗がドバドバ。


僕らのRAGEのミニアルバム。表題作「Never Give Up」のためだけに買っても損はない! 友情パワーッ!!

2008年の
おすすめCD



ヘルベースビーターズ



カーヴド・イン・ストーン



オール・マイ・ライフ



ラーキング・フィア


2007年の
おすすめCD



ニュー・レリジョン


第八の罪


MKII


アゴニー~ギフト・オヴ・ライフ


タイム・トゥ・ビー・フリー
 

2006年の
おすすめCD



リヴェンジ


ザ・シャドウ・キャビネット


スピーク・オヴ・ザ・デッド


2005年の
おすすめCD



DGM [ Misplaced ]


HEED [ The Call ]


Nocturnal Rites [ Grand Illusion ]

2004年以前の
おすすめCD



Rage [ Sound Chaser ]

2012 年 4 月 22 日

おもしろかったゲーム 2010年

Filed under: 商業ゲーム — 坂葉 @ 21:22:56

 2010年に遊んだゲームの中で、特におもしろいと思った作品のリストです。
 えっ!? 今2012年なのに、2010年に遊んだゲームの話?と思う方もいよう。去年アップするつもりだったけど途中まで書いて放置していたのでした。
 しかしこういうのは毎年やってデータを蓄積してこそ読み物としての価値が出ると思うので、あらためて着手したというわけですよ。

 2009年までは十作品選んでましたが、おもしろいゲームがいっぱいありすぎて十本では足りないので印象が強かったものを全部挙げることにしました。
 各グループ内の並びは順位とは関係ありません。
 おすすめゲームのリストではなく、僕が楽しめたゲームのリストです。

A 最高におもしろかった B かなりおもしろかった C おもしろかった
BLACK
キルゾーン
MGS3
紅忍
THE地球防衛軍
DMC3
サイレントヒル4
MOH史上最大の作戦
ワンダと巨像
バーンアウトリベンジ
シャドウオブローマ
フリーダムファイターズ
AREA51

BLACK

 グラフィック、音楽(効果音)、ゲーム性、僕にとってすべてが百点満点でした。これまで遊んだゲームの中でもベスト10に入るほどの作品です。
 グラフィックの美しさは異常なほどで、PS2アクションゲームでNo1といっても過言ではありません。
 銃声よりも撃ちこみの効果音を重視しているフシがあり、そのあたりも好印象でした。銃声が大きいほうがリアルなのかもしれませんが、ゲームの場合射撃の結果(成否・対象の反応)が音で返ってくるほうが達成感があると思うのです。

 ネットでの感想を見ると「パッケージ裏の宣伝文句は大嘘だ、実際は遠距離からチマチマ狙撃するゲーム」みたいな意見が多いですが、ある程度慣れてくると敵に特攻して大暴れすることも可能になります。

 

キルゾーン

 グラフィックは綺麗なもののフレームレートが低く、またゲーム面でも集弾性の極端な悪さが気になり、初プレイの印象は悪かったです。しかしとりあえず他のキャラでもプレイしてみるかと二周三周するうちに、このゲームならではのゲーム性にはまってしまいました。
 全キャラHARDをクリアし、最終的に8周以上したのだった……。

 

メタルギアソリッド3

 2008年にVeryEasyでクリアしたのですが、当時はステルス行動が取れずちっともおもしろくありませんでした。
 出来のよさや作りこみはわかるものの、難度の高さのせいで歯が立たなかったのです。
 しかしスプリンターセルやヒットマンをある程度やり込みステルスゲームの基礎をマスターできたので、再挑戦しました。
 最初こそ複雑怪奇な操作系に悩まされましたが、ある程度コツをおぼえると忍者のごとく動き回ることが出来るようになり、HARDノーアラート・EXPERTノーキルノーアラートクリアができるようになりました。
 これは傑作です。特攻プレイでクリアしておしまいだった人も、ぜひノーアラートクリアを目指してがんばってほしいです。

 

紅忍 血河の舞

 お色気アクションゲームかと思ったら高難度のステルスアクションゲームでした。
 ところどころ作りこみの甘い部分は見られるものの、全体としてみるとかなり完成度の高い傑作です。
 一部の操作性や変な仕様に目をつぶれば、ステルス系のゲームでもかなり上位ではないでしょうか。
 有名会社から出ていれば続編がいくつも作られるような話題作になっていたかもしれない……。

 

THE地球防衛軍

 一度NORMALでクリアしてイマイチと判断したんですが、FPSに慣れてから再プレイしました。
 そしたらこれがおもしろくてたまらない。結局全難度クリアしました。
 FPS・TPS入門用として挙げられることが多いものの、処理落ちがすさまじく照準操作がしにくいため、ある程度FPS・TPSに慣れた人向けの作品だと思います。
 プレイすればするほど武器が増え体力が上がるので、費やした時間が無駄にならないところも良かったです。

 

デビルメイクライ3SE

 コンボアクションに興味あるならとりあえずこれをやっておけ、というくらい手堅い作品です。
 アクション好きなら初心者から上級者まで誰がやっても楽しめると思います。

 

サイレントヒル4

 世間では評判が悪いものの、ホラーゲームとしてはかなり完成度が高いです。
 謎めいた設定と徐々に狂っていく世界がすばらしい。
 中盤から、システムを逆手に取った危機的状況が出てくるのがよかったです。ゲームならではの恐怖演出でした。
 アイテムの所持制限とゴーストさえもうちょっとなんとかなってたらなぁ。サイレントヒル2に匹敵する名作と呼ばれていたかもしれない……。

 

MOH史上最大の作戦

 かなり難しいもののとてもよくできています。PS2FPSの草分けにして頂点とも言える作品です。
 ボリュームもかなりあり、たっぷり楽しめました。

 

ワンダと巨像

 巨大ボスの表現がズバ抜けています。巨大な敵キャラと戦うゲームの中では最高峰の出来だと思います。
 ボスにはさまざまな工夫が凝らされており、戦闘自体も楽しいです。
 独特のデザインもすばらしい。
 グラフィックは非常に綺麗なものの、そのせいでフレームレートが低下してるのは残念でした。
 あと、「馬で走ってるだけでもおもしろい」との評判でしたが、全然おもしろくありませんでした……。

 

バーンアウトリベンジ

 レースゲームはあまり好きじゃないんですがこれは楽しめました。
 これまでに遊んだレースゲームの中では一番おもしろかったです。
 同一進行方向の車にぶつかると弾き飛ばせるという仕様で、弾き飛ばした車で他の車を破壊することもできます。
 普通のレースだけでなく、他車破壊を利用したゲームモードもあり飽きずに楽しめます。
 グラフィックも異常なほど綺麗です。(上記のBLACKと同じ製作会社)
 リトライに時間がかかるのだけが残念でした。

 

シャドウオブローマ

 残酷な技を出して観客を沸かせてポイントを稼ぐ乱闘アクションです。観客が興奮すれば興奮するほど残虐な武器が支給され、ますます盛り上がっていきます。
 コンボ・乱闘系のゲームはDMCやゴッドオブウォーみたいなのが主流ですが、派手・スタイリッシュ以外でもまだまだいろんな表現方法があるんだなと思わせてくれた作品です。
 しかしステルスアクションのパートがすごくつまらない。

 

フリーダムファイターズ

 仲間を増やし集団で攻めていくTPSです。
 こっそり敵を取り囲んで一斉に攻めるといった戦略性はあまりありません。自分は安全なところで指示しつつ正面突破していくといった感じになります。
 単純な操作で大量の仲間を操ることができ、なかなかおもしろいプレイ感を味わえます。

 

AREA51

 前年にプレイしたもののこのときはFPS操作に慣れておらず、またごり押しが効きまくるゲームデザインのためおもしろさがサッパリわかりませんでした。
 FPSになれてからプレイしたら、敵のアルゴリズムや操作感などの出来の良さがよくわかりました。
 ごり押しの効かないHARDは特におもしろかったです。

 PC版が無料公開されていますが、現在はサイトが閉鎖されています。海外の体験版頒布サイトにあるかも。
 Win7 64bitには対応していないかもしれません。うちでは起動しませんでした。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントは承認制です。名前、メール、HPアドレスは空欄でも構いません。

*

Powered by WordPress